これぞ究極のチキンラーメン!おばあが用意した意外な具材とは?

ズズズズズ!っと、居間の戸を開けたとたんに、地鳴りような異音がひびいてきた。音の発生源は、食卓に着いたおばあの口元……ラーメンだ! おばあがインスタントラーメンを食べているのだ!

おばあは目の前の大きな丼ぶりに、狙いをさだめたように箸を差し込み――

チキンラーメンの麺を、祖母(おばあ)が箸で摘まんでいるところ

大量の麺をガバっと引き上げる。そして――

祖母(おばあ)がチキンラーメンをすすっているところ

獲物を飲み込むカエルのように、大きく開けた口に押し込んで……ズズズズズ!っと一気にすすり、もぐもぐと総入れ歯で噛みくだく。

麺はおばあ好みの〝やわらかめ″に仕上がっているのだろう。半目をつむった幸せそうな表情で味わっている。それをごくりと飲み込むと――チキンラーメンの麺を祖母(おばあ)が食べようとしているところ

また麺を引き上げては、

チキンラーメンを、祖母(おばあ)が勢いよく食べているところ

84歳とは思えない肺活量で、勢いよくすすり込んだ! かと思うと突然――

チキンラーメンの麺を祖母(おばあ)が口煮れているところ

動きがぴたりと止まった。どうやらむせそうになっているのを、じっとこらえているらしい。
「大丈夫か、おばあ!?」
僕があわてて湯呑にお茶を入れて差し出すと、ひと口飲んで、
「熱いわ! 殺す気か!」
おばあは充血した目をひんむいた。

本気でいっているのか、おばあ。そんなん、ゆっくり冷ましてる場合ちゃうやろ! ピンチのおばあを助けようと茶を出した僕が、なんで怒られなあかんねん! 口の中のものが変なところに入って誤嚥性肺炎にでもなったら、それこそ死んでしまうかもしれへんやんけ! と腹が立ったけど、僕は何もいわなかった。

おばあが食べているラーメンが何なのか、気がついたからだ。口喧嘩なんてしている場合じゃない! あの細く縮れた、少し平たい、黄色がかった麺は、自炊していたころにしょっちゅうお世話になっていた〝元祖鶏ガラ″のあれしかない!

僕は席を立ち、早足で台所に向かった。流し台に乗っていたのは――

チキンラーメンのパッケージと生卵

やっぱりそうだ! 懐かしのチキンラーメン! お湯をかけて3分で出来上がる、しかもおいしい一人暮らしの必需品だったけど、8年ほど前から、毎日おばあの手料理を食べるようになって、まったく口にしていなかった。

とはいえおばあも、たまにインスタントラーメンを夕飯に出す。ざっと覚えているだけでも、エースコックのワンタンメンわかめラーメンサッポロ一番塩ラーメン生麺の尾道ラーメン冷凍の横浜あんかけラーメンマルちゃん正麺日清ラ王などなど、いろんな種類があった。でもチキンラーメンは、なぜか一度も買ってきたことがなかった。

おばあはインスタントラーメンが好きなのに、その原点ともいわれるチキンラーメンの味を知らなかったのだ。

そのおばあが数日前、
「今やっとる朝のドラマは、ほんまの話なんか?」
と聞いてきた。

〝朝のドラマ″とは、NHKの朝ドラ『まんぷく』のことである。すべてが〝ほんまの話″というわけではないけど、日清の創業者、安藤百福の半生をモデルにしている、ということを僕は伝えた。
「それに、ドラマに出てきた〝まんぷくラーメン″は、今もそこらで売ってる日清のチキンラーメンが元になってるんやで」
と説明すると、
「そんなえらい昔のもんが、今も売ってるわけあるか」
とおばあは笑って取り合わなかった。
「だからその、ドラマでやってた最初のインスタントラーメンが、今も売られてて、しかも人気やというのがすごいんやんか」
僕はそう力説したけど、おばあは聞く耳を持たず、笑って聞き流していた。思い込みの強い頑固なおばあには、何をいってもムダだ。そう思って、おばあに新し知識を授けるのをあきらめたのと同時に、チキンラーメンが無性に食べたくなっていたのだった。

僕はおばあを誤解していた。おばあは話の通じない頑固者なんかじゃない。ちゃんと僕の話を聞き入れて、チキンラーメンを探して買ってきたのだ。ごめんよ、おばあ、そしてありがとう! これで僕も、久しぶりにチキンラーメンが食べられる!

こぶしを握りしめて天を仰いでいると、
「お前、そんなとこ突っ立って何してんねん」
背後からおばあの声がして、目の前に皺だらけの手が伸びてきた。そしてその手が――

チキンラーメンの麺の上で生卵を持っているところ

丼ぶりのそばにあったたまごをつかみ、

チキンラーメンに乗せる生卵を割っているところ

勢いよくフチにぶつけて、

チキンラーメンの上で、祖母が生卵を割っているところ

丼ぶりの上で素早く割った。

生卵を乗せたチキンラーメン

わかってるやんけ、おばあ! チキンラーメンといえばこれだよ、これ、生たまごだよ! そこに注ぐ湯は、コンロの上の鍋の中――

チキンラーメンにかけるために、野菜と豚肉を入れた湯を沸かしているところ

いや、これはただの湯ではない。何やら具材がたっぷり入っている。おばあは僕が来る時間を見越して、具材入りの鍋を火にかけていたのか! 驚く僕をよそに、おばあは淡々と鍋の中身を――

チキンラーメンの上に、白菜と豚肉を茹でたお湯をかけているところ

麺とたまごの入った丼ぶりに投入する。そして――

チキンラーメンにお湯をかけた丼ぶりの上に蓋をしたところ

フタをして、
「さあ、持って行け。3分待つんやで、3分」
と念を押す。

チキンラーメンの丼ぶりの上に蓋を乗せたものや、アスパラベーコン、なます、サラダなど祖母(おばあ)が作った晩ごはん

いわれた通り、丼ぶりを食卓に運んで3分後、フタを取ったら――

玉子や豚肉、白菜を入れたチキンラーメンなど、祖母(おばあ)が作った晩ごはん

メニュー
・日清食品「チキンラーメン」
生たまご、白菜、豚肉
・アスパラのベーコン巻き
・オクラのカツオ節乗せ
・紅白なます
サバ、にんじん、大根
・鶏の唐揚げ(ヒガシマル「揚げずにからあげ」使用)
・サラダ
生:トマト、玉ねぎの醤油漬け、キャベツ 茹で:ブロッコリー、アスパラガス、ほうれん草

生卵、白菜、豚肉を具材にしたチキンラーメンができたところ

おばあ特製チキンラーメンの出来上がり! 白菜と豚肉に囲まれたたまごの黄身と、嗅ぎなれた鶏ガラスープの香りが食欲をそそる。

たまらず箸をつかんで一口すすると……ああ、うまい! こんなにおいしかったっけ、と思うくらいおいしい。8年前より味に改良が加えられているからか、おばあが入れた具材がいい味を出しているからか。もう一口すすってみてわかったのは、どちらにしても、すごくおいしいということだけだ。

それにしても――

祖母(おばあ)が作った、山盛りの揚げずにから揚げ

なんで鶏の唐揚げまであるんだ! しかもこの唐揚げ、フライパンで焼くだけでできる「揚げずにからあげ」という便利な粉をまぶしておきながら、それをたっぷりの油で揚げるという、手間暇のかかる方法でつくったやつだ。つい先日も、同じものを食べた。

インスタントラーメン、その中でもチキンラーメンは、スープが麺に練り込まれているので、粉末スープを小袋から出す必要すらなく、お湯をかけるだけでできるお手軽さがウリのはず。それなのに、おばあはまったく楽をしようと思っていないらしい。すごいぞ、おばあ。

唐揚げに加えて、なんという充実したおかずの数々よ……。

祖母(おばあ)が作ったトマトや玉ねぎの醤油漬けを乗せた野菜サラダ

トマトや玉ねぎの醤油漬けが乗った、いつものサラダに、

祖母(おばあ)が作ったサバ入りの紅白なます

サバ入りの紅白なます、

刻みオクラの鰹節和え

刻んだオクラにカツオ節を乗せたもの。さらに――

祖母(おばあ)が作ったベーコンの肉巻き

今ではすっかりおばあの得意料理になったアスパラのベーコン巻きまである。

チキンラーメンと、この豪華なおかずの組み合わせは……うれしいけど、わけがわからないぞ、おばあ。悩める僕をしり目に、おばあは平然と、

唐揚げ(揚げずにからあげ)を祖母(おばあ)が箸でつまんでいるところ

鶏の唐揚げをつまみ、口に放り込んだ。そしてすかさずーー

丼の中の玉子の黄身を溶かしたチキンラーメンのスープ

ほとんど麺のなくなった丼ぶりを持ち上げ、

チキンラーメンのスープを、丼を抱えてすすっている祖母(おばあ)

ズズズズズ!っと、また盛大な音を立ててスープをすすった。そうか! と僕はひらめいた。鶏の唐揚げと、チキンラーメンの味がぴったり合うのかもしれない。おばあはこれまでも、意外な組み合わせのおいしいメニューを出してきた。そうだ、きっと鶏の唐揚げは、チキンラーメンの〝あと乗せ″の具材に違いない。

早速、乗せてみると――

玉子入りのチキンラーメンに唐揚げ(揚げずにからあげ)をトッピング

これはいいぞ! ヘルシーさの微塵もない、ジャンクな感じがたまらない! 鶏ガラスープに生たまご、そして鶏の唐揚げまで乗せた、これぞまさしくチキンラーメン! おいしくないわけがない!

唐揚げをかじり、スープをすすると、濃厚な鶏の味わいがこってりとした油とともに口中に広がる。とても80代中盤のおばあと、アラフォーに足を踏み入れた男が食べる代物じゃない。運動部の学生にぴったりなハイカロリー、高塩分の部活メシだ。だけど、それがいい! たまにはこんなのを、思い切り頬張るのも最高だ。

おばあも同じように思っているのか、
「チキンラーメン、どうやった?」
と僕は感想を聞いてみた。すると、
「多すぎるわ、このラーメン!」
と吠えるような大声が返ってきた。

だけどおばあは決して、文句をいっているわけじゃない。その反対に、おばあなりのいい方で褒めているのだ。だって、その〝多すぎる″チキンラーメンを、唐揚げや他のおかずも食べながらーー

チキンラーメンを食べた後の空の丼ぶり

きれいに完食しているのだから。

タイトルとURLをコピーしました