謎の食べもの

スポンサーリンク
おばあのサプライズ

蒸し暑い日にそうめんよりも!?『出前一丁』の最高の食べ方

長雨の湿気とにじみ出る汗で、Tシャツが体にへばりつく。こんな日に食べたいのは、冷たくてツルっといけて、さっぱりとした……そうめんしかない! おばあの家の戸棚の奥には、去年買った未開封の揖保乃糸が眠っているのを僕は知っている。そうめんの賞味...
おばあのサプライズ

おばあがつくる謎の絶品袋ラーメン!決め手は禁断のソース味!?

晩ごはんがインスタントラーメンのときは、いつも僕が来るのを待ってから、おばあがつくってくれる。いくらせっかちなおばあでも、僕が来る前につくってテーブルに並べるなんてことはしない。そんなことをすれば、もちろんスープはぬるくなり、麺はぶよぶよ...
ぶた

おばあが煮物を失敗…するわけない!豚トロとタケノコの煮物

おばあの家の戸を開けると、強烈にごはんが欲しくなる香りが漂ってきた。今晩のメニューは、おばあの得意な煮物!? いや、普通の煮物にしては、香りは醤油と砂糖を煮詰めたようにこうばしく濃厚。まさか……すき焼き! 今晩は僕の大好物、肉がたっぷり入...
おばあの初体験

おばあの手作りハンバーグの秘密

メニュー・ハンバーグ・ナスとタケノコの煮物・ほうれん草のおひたし・大根の千枚漬け・サラダ生:玉ねぎの醤油漬け、ミニトマト、キャベツ茹で:ブロッコリー、アスパラガス・ごはん おおっ! 今晩のメインディッシュは―― ハンバーグだ!  おば...
ぎゅう

焦げた肉のおいしい食べ方発見!?カギは名物「みむろ」もなか?

な、何なんだ、この黒く、いびつな塊は!? 放つにおいは“香ばしい”を通り越して焦げ臭く、テカテカと輝いているのは、脂……もしかしてこれ、肉……なのか? 完全に焦げている。焼肉だったら鉄板の端に寄せられて、誰も手を付けないやつだ。今晩はそ...
おばあが育った陸の孤島

おばあが作る健康的で新しい酢豚鶏!?秘訣は2種類の肉、黒酢タレは薄め

おばあは近ごろ、野菜たっぷりのヘルシーな料理を出すようになった。テーブルには飴やチョコレートを常備し、朝となく夜となく甘いものを食べまくり、味の濃い料理とインスタントラーメンを愛するおばあが、ようやく健康を意識して料理を用意してくれるよう...
おばあフィットネス

鶏のもも焼きと「発酵コラーゲン納豆」で健康になる!タンパク質祭り

近ごろおばあは、カレーをイチからつくるのをやめ、レトルトにかえた。あの牛すじ入りの特製カレーはおばあの得意料理で、僕の大好物だったのに……。80代の半ばを過ぎ、だんだん料理がつくれなくなるのは、仕方がないことかもしれない。だけどよりによって...
ぎゅう

正体はまさか、板こんにゃくを切っただけ!?こんにゃくの刺身のおいしい食べ方

メニュー ・こんにゃくの刺身 ・牛肉の焼いたん ・冷奴 ・ポテトサラダ ・タコとキュウリとワカメの酢の物 ・炊き込みごはん 油揚げ、にんじん、シメジ ・サラダ 生:ミニトマト、玉ねぎの醤油漬け、キャベツ 茹で:ブ...
おばあのカレー革命

いつものカレーに革命が起きた!?牛すじ入りフライパンカレー

おばあがつくるカレーは、僕が子どものころから30年ほどかけて進化を続けてきた。はじめは甘口のルウを使い、野菜や肉がゴロゴロと入っている、見た目も味もいわゆる“家庭のカレー”そのものだった。 それはそれで充分おいしかったけど、おばあのカ...
おばあの初体験

おばあの新作謎料理「じゃこと玉子のまぜまぜスクランブルエッグ!?」

おばあが用意した晩ごはんに、出来合いの料理が増えてきた。たしかに商店街で買ってきた惣菜も、冷凍食品もレトルトカレーも、味はなかなかいける。それでいて手間がかからず値段も手ごろだから、おばあが選ぶのもよくわかる。 わかるけど……ちょっと...
おばあの初体験

焼き鳥の部位の違いがわからない?おばあが食べる鶏皮のタレ焼き

メニュー ・焼き鳥「とりかわ」(商店街の惣菜屋) ・子持ちししゃもの焼いたん ・納豆 ・みやけ食品「えび茶わんむし」 ・キムチ ・サラダ 生:ミニトマト、玉ねぎの醤油漬け、キャベツ 茹で:ブロッコリー、アスパラガス、ほ...
いくつになっても孫は子ども

頑固な祖母でも孫は心配??栄養満点、アレの串焼き

「今日は遅れるんとちゃうんか」 晩ごはんを食べに来た僕に、嫌味な口調でおばあがいった。 ちかごろ僕は、晩ごはんを食べに来られないことや、来られたとしても1時間以上遅れたうえに、あわただしく皿に乗ったものをかき込んで、何か言いたそうな...
おばあ地雷

春なのにストーブつけて魚焼く!?おばあはボケていない……はず!?謎の魚と豆ごはん

桜が散って、また一段と暖かくなると、日の当たらない部屋の中にはもう蚊が出没するようになった。今朝も寝ている僕のおでこや首筋からたっぷりと血を吸われ、かゆみで目が覚めた。もうひと眠りしようと思っても、ゴミの収集日でもないのにカラスの集団が、隣...
おばあ地雷

煮詰めすぎて失敗?いいえ、大成功!ブリのアラの煮付のおいしい食べ方

このおかず、一体何なんだ!? 深みのある飴色と、ごはんがほしくなる嗅ぎなれた香り。醤油ベースの和風の味付けというのはわかるけど、それをからめている、ぐちゃぐちゃっとしたものは、ちょっと見ただけでは肉とも魚とも判別がつかない。 ...
おばあのサプライズ

おばあよ、ボケていないのか!?祖母と孫(30代男)が3日遅れで祝う雛祭り??

なんだこのプラスチックの入れ物は! フタがしてあるけど、中身は……もしかして……この前の雛祭りに出てくるはずだった、あの料理なのか? 料理をつくったおばあは、テーブルの向かい側で―― 先に食事を終えて、ぼーっとテ...
おばあの初体験

忘れられないおばあの牡蠣鍋!決め手は味噌とニンニクの絶品スープ!

空きっ腹を刺激する香りが、おばあの家の中に立ち込めていた。味噌とおろしニンニクを合わせて煮詰めたような、パンチの効いた香り。これ絶対、ごはんに合うやつだ! この香り、かつてどこかで食べた料理のはずだけど……あと一歩のところで思い出せな...
おばあのサプライズ

正月終了でも、内臓を休めるどころかフル稼働!鍋の中身はみそ汁?雑炊?お粥?

食卓の真ん中で、フタをしたアルマイトの鍋が鈍く光っている。どうしてこの鍋が、ここに…!? おでんの土鍋でもなく、すき焼き用の鉄鍋でもない、おばあがよくみそ汁をつくっているこの鍋がテーブルに出ていたことなんて、10年近く一緒に食事をし...
めん

生麺と魚介ダシの醤油スープ!おばあがつくる謎の本格インスタントラーメン

今晩もラーメンだ! いつもの時間に僕がやってくると、食卓ではおばあがまた丼ぶりを抱えて麺をすすっていた。そんなにラーメンが好きだったのか!? 少し前まで、醤油も味噌も豚骨も「どれも同じや!」とかいっていたのに、近ごろは味の違いを楽しむように...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました