煮込み

スポンサーリンク
おばあのカレー革命

孫の好物を合体!おばあの手作り牛丼カレー

祖母(おばあ)の家の戸を開けて、息を吸った途端、今晩のメニューがわかった。スパイシーで甘くて、とてつもなくごはんが欲しくなる香りといえば、カレーしかない!でも何だかおかしい。香りが弱いのだ。またレトルトカレーなのか!?台所に急ぎ鍋のフタを開けると、中にはなんと…!?さらにおかずには牛肉も!これはもしや…牛丼カレー!?
おばあのサプライズ

1月1日は年越し蕎麦のダシを活用!おばあが作るシンプルお雑煮

1月1日の夜、僕が夕飯を食べに来ると、祖母(おばあ)が珍しく、明るい声で迎えてくれた。灯油ストーブの上では、合わせダシのいい香りを放つ鍋が温められている。昨晩食べた年越し蕎麦のつゆだ。おばあはそれを持ち、台所に向かう。今晩も蕎麦なのか?ところが台所にあったのは蕎麦ではなく丸餅だった。そうだ!今晩は、お雑煮を食べる日だ!
めん

年末は紅白よりも楽しみな、おばあの手作り年越しそば

大晦日の夜、僕は自宅を出ると、近くに住む祖母(おばあ)の家に向かう。急ぐのは寒さに耐えられないからでも、紅白歌合戦を一秒でも早く見たいからでもない。僕が待ちきれないのは、年に一度、この日だけ味わえる、おばあが作る年越しそばだ!
おばあのサプライズ

寒い日におばあが作るとご馳走に!サッポロ一番味噌ラーメン

僕が晩ごはんを食べに来ると、おばあは居間でテレビを見ていた。そして急に立ち上がり、無言で台所に向かって行く。その様子がボケて徘徊しているようで心配になり、急いで後を追う。すると台所にあったのは、サッポロ一番味噌ラーメン!コンロの鍋では湯が沸いている。おばあは僕に、出来たてのラーメンを作ってくれようとしていたのだった。
おばあの知識はほぼ勘違い

揚げる焼く煮る!すべてそろった感謝のトンカツ定食

僕の祖母(おばあ)は、揚げ物をする際、いつも大きなバットに山盛りつくる。ところが今晩は、一人ぶんのトンカツが皿に盛られている。それによく味が染みた煮物に、味の素の餃子など他のおかずも充実している。『揚げる焼く煮る』という調理方法のおかずがそろっているのだ。種類豊富な献立にするために手間ひまをかけてくれたのか、おばあ!?
おばあの贅沢三昧

肉!魚!豆!おばあがつくるタンパク質メニュー!

晩ごはんを食べに、僕は祖母(おばあ)の家にやってきた。するとテーブルには、骨付き豚肉に鯛の刺身、納豆、高野豆腐と、肉、魚、豆がそろったタンパク質たっぷりのメニューが並んでいた。このタンパク質祭りは…まさか、僕が最近、寒さを理由に運動をサボっているのを見抜いたおばあが、「ちゃんと運動せえ!」と叱咤激励しているのか!?
おばあのカレー革命

見た目はキーマ、味は濃厚、冷凍保存の茶碗カレー

僕の祖母、おばあは茶碗にカレーを盛ったものを、晩ごはんに出した。しかも水分が飛んで、見た目はキーマカレーのよう。3日は煮詰めないとこうはならないはずだけど、近ごろカレーは出ていない。このカレー、一体どこから…。おばあに聞くと、冷凍庫の奥で見つけたという。いつのものかわからないカレーなんて、僕の胃腸は耐えられるだろうか。
おばあのカレー革命

やっぱりカレーは家庭の味!どんな具材を入れるより愛情が決め手、おばあの特製カレー

僕の祖母、おばあはカレーが得意料理だったのに、近ごろはレトルトカレーで済ませるようになった。大鍋でカレーをつくるのは、高齢の体にこたえるのはわかるけど…やっぱりあの味が恋しいと残念がっていると、なんとこの日おばあがカレーをつくった。そして僕はカレーにハムや刺身をトッピングするが、一番大事なのは愛情だと気がついた。
おばあのサプライズ

煮ないで作るだと!おばあ流、明星チャルメラしょうゆラーメンの作り方とトッピング

僕の祖母、おばあは夕飯に豪華な料理を用意していた。サンマの塩焼きや豚トロの唐揚げ、玉子焼き…全部僕の好物だ。敬老の日にプレゼントしたお返しらしい。さらにラーメンまで用意しているという。半信半疑で台所に行くと、袋入りの明星チャルメラしょうゆラーメンが用意してあった。袋の作り方を無視したおばあの斬新な調理がはじまる。
おばあのカレー革命

いつものカレーに革命が起きた!?牛すじ入りフライパンカレー

おばあがフライパンでカレーを作った。フタを取ると、カレーはかなり水分が飛んでいて、牛すじやパプリカなどの具材がボコボコと浮き上がっていた。このカレーを作った理由を聞くと、おばあは黙って台所に向かった。そしてスイカを切り、なんとレモン果汁をかけたのだった。NHKのガッテン!でやっていたシチリア島の食べ方だ!
おばあの初体験

和食専門のおばあが作った!?コンソメスープのロールキャベツ

手づくりのカレーが得意料理だったのに、レトルトカレーを出すようになった祖母(おばあ)。出来合いの料理が食卓に並ぶことが増えていて、孫の僕はおばあの心身が衰えてきたと心配していた。ところが、今晩の料理は里芋の煮っころがしや塩サバなど手料理ばかり。さらに手作りふうのロールキャベツまで!本当におばあはこれを作ったのか!?
おばあが育った陸の孤島

おばあがレトルトカレーに具材をちょい足しで絶品に!?田舎のトウモロコシと山盛り鶏肉

おばあの様子が変だ。同世代のジャニー喜多川氏が87歳で亡くなったニュースをやっているのに、テレビには目もくれず、トウモロコシの実を一粒ずつ外している。今晩はカレーだと言われ台所に行くと、そこにあったのはいつもの手づくりではなく、レトルトカレー(ニッポンハム「レストラン仕様カレー」)。さらに具材らしき鶏肉も山盛りだった。
おばあ地雷

煮詰めすぎて失敗?いいえ、大成功!ブリのアラの煮付のおいしい食べ方

醤油を煮詰めたような色と香りの、このぐちゃぐちゃの料理は一体、何なんだ!? 僕の祖母、おばあは「見たらわかるやろ!」と答えてくれない。食べてみると、どうやらブリのアラの煮付だ。味は濃くて形は崩れてるけど、けっこういける。どうしてこんな形に調理したのだろうか?そして孫の僕が見つけた、これを最大限においしく食べる方法とは…
おばあの初体験

汁まで飲み干すおばあを止めろ!入れた具材も黒一色、富山ブラック黒醤油ラーメン

富山土産で買ってきた、麺屋いろはの「富山ブラック、黒醤油ラーメン」。真っ黒いスープが特徴のご当地ラーメンだ。それを僕の祖母、おばあは、さっそく翌日に晩ごはんに出した。老眼で説明書きが読めないおばあに、僕はつくり方を教える。そして完成した富山ブラックは具材まで真っ黒。それをおばあはスープまで飲み干す勢いで食べるのだった。
いくつになっても孫は子ども

アラフォーの孫の記念日祝う祖母!?

誕生日を迎えた僕は、30代も後半に突入した。四捨五入すれば40、立派なアラフォーだ。そんな僕を、いつも一緒に晩ごはん食べているおばあは、祝ってくれるのだろうか? そもそも、最近物忘れが増えてきた80代のおばあは、僕の誕生日を覚えてくれているのか? 不安なままおばあの家に着くと、用意されていたのは……
いくつになっても孫は子ども

肉食系おばあのバレンタインデー!祖母は孫にチョコをあげるのか?

今日は2月14日。昨日は、気の早い祖母(おばあ)がほぼひとりで、袋詰めのチョコレートを食べてしまった。今晩は僕のために、チョコレートを用意してくれているだろうか。ロッテのRummy(ラミー)、Bacchus(バッカス)。meijiのチョコレート効果CACAO86%が、おばあのおすすめチョコ。
煮込み

肉食おばあが、孫の健康のためにつくった!?野菜だらけの精進メニュー

肉好きの祖母(おばあ)が作ったこの日のメニューは、野菜ばかりの精進料理みたいなメニューだった。・タケノコと手綱こんにゃくと厚揚げの煮物・酢レンコン・刻みオクラ、ミョウガ和え・おから・茶碗蒸し(ふじや食品、地養卵茶碗蒸し海老)・サラダ(生:トマト、玉ねぎの醤油漬け、キャベツ 茹で:ブロッコリー、アスパラガス、ほうれん草)
おばあのサプライズ

正月終了でも、内臓を休めるどころかフル稼働!鍋の中身はみそ汁?雑炊?お粥?

食卓の真ん中で、フタをしたアルマイトの鍋が鈍く光っている。どうしてこの鍋が、ここに…!? おでんの土鍋でもなく、すき焼き用の鉄鍋でもない、おばあがよくみそ汁をつくっているこの鍋がテーブルに出ていたことなんて、10年近く一緒に食事をし...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました