孫より自分の好みを優先するおばあ

スポンサーリンク
おばあのサプライズ

ありそうでなかった、すき焼きの新たな可能性!おばあが追加した意外でおいしい具材とは!?

僕が晩ごはんを食べにやってくると、おばあ(僕の祖母)はすでに食事を終えていた。部屋の中には、甘辛いすき焼きの香りが満ちている。だけどおばあの食べた後の皿には、蕎麦のかけらが!? すき焼き? 蕎麦? どっちも大好きな日本料理だけど、今晩のメニューは何なんだ? 鍋のフタを開けると、おばあが発明した新しい手料理が……。
いくつになっても孫は子ども

おばあはせっかち、肉食系女子!一日早いバレンタインデー・メニュー

84歳の祖母、おばあがバレンタインデーの前日に、孫である僕のために用意したのは、肉がたっぷりのすき焼き!食後に出てきたチョコレートの詰め合わせももしや、僕のため、それとも…? 
おばあが育った陸の孤島

「こういうのでいいんだよ」とつぶやきたくなる、おばあの田舎の炊いたん

メニュー ・鶏肉とタケノコとゼンマイの炊いたん ・豚汁 豚肉、玉ねぎ、油揚げ、ネギ ・酢の物 キュウリ、タコ、ワカメ ・オクラとミョウガのかつお節和え ・サラダ 生:玉ねぎの醤油漬け、トマト、キャベツ 茹で:ブロッコ...
おばあがはしゃいでハメ外す

台風前夜におばあがはしゃぐ!トンカツとたまご焼きが一緒に出る理由

近ごろおばあがつくる〝トンカツ”は、衣がパン粉じゃない。薄めの豚肉に「揚げずにからあげ」という油がなくてもカラッと揚がる便利な粉をまぶしている。おばあはこれを「トンカツや!」というけど、正しくは豚肉の唐揚げである。たしかに味はおいしい。だけ...
おばあがはしゃいでハメ外す

マグロのトロにサンマまで!おばあがはしゃぐ、台風前夜のスペシャルメニュー

メニュー ・マグロの刺し身 ・サンマの焼いたん ・じゃがいもの炊いたん ・たまご焼き ・サラダ 生:玉ねぎ、トマト、キャベツ 茹で:ブロッコリー、アスパラガス、ほうれん草 ・ごはん 大きな台風が大阪に直撃する。滅...
おばあの知識はほぼ勘違い

おばあがいくら茹でても伸びない日清ラ王!(冷やし中華風具材・ハムと錦糸卵)

今日も汗だくでおばあの家にやってきた。これだけ暑いのだから今晩は夏らしい冷たいものが食べたい。そうめんとか冷やし中華とか、つるっといける麺類だったら最高! 猛暑に耐えかねてクーラー漬けの毎日を送っているおばあも同じ気持ちのはず。 期待...
ぎゅう

「おばあ 84才 おたんじょうび おめでとう」 誕生日のホールケーキと牛肉の焼いたん

おばあの家の冷蔵庫はいつも中身がスカスカで、ホールケーキが入った箱もメインの冷蔵室に楽におさまる。冷蔵庫の容量は5人ほどの家族にも対応できる3段式。そこにおばあと僕の2人分の食材を入れているから空間に余裕がある、というのも理由のひとつだけど...
おばあがはしゃいでハメ外す

おばあたち(全員80代)の女子会の日 孫に食わせるスーパーのお買得弁当

「今日はこんなんしかないで」 とおばあがいった。夕飯のテーブルには、プラスチックのトレーに入った弁当がのっている。 透明なフタには「お買得品」の文字。おばあが夕飯に、こういう市販の弁当を並べたのははじめてのことだ。 ...
おばあフィットネス

おばあ、缶詰めとちゃうやんけ! 黄金色のサバの炊いたん

おばあは夕飯のあと、スポンジボールを握りながらテレビを見ていた。ふいに前のめりになって顔を突き出し、しばらく画面に集中し、 「やっぱり、サバがええみたいやな」 とつぶやいた。そして緩めていた両手にまた力を込めた。 テレビではサバ缶...
おばあのサプライズ

おばあ、大阪城公園に桜はもう咲いてるで! 今シーズン最初で最後のたまご入りのおでん

大阪城公園の桜はほとんど、まだつぼみがほころびはじめたところだった。僕はMIRAIZA OSAKA-JOでの仕事を終え、大阪城公園内を散策していた。するとうっそうとした林の中に一本だけ、満開の花をつけた桜の木があった。 ...
おばあの知識はほぼ勘違い

マヨネーズのチューブを口で吸う、おばあはマヨラー!? 焼いた豚肉と小分けマヨネーズ

僕は見てしまった。残り少なくなったマヨネーズのチューブの先に、おばあが直接口をつけ、息を吹き込んでいたのを……。 チューブの中に空気をためて逆さまにしておくと、中のマヨネーズが自然と先のほうに下りてきて、最後まできれいに使い切ることが...
おばあの初体験

まつや「ピリ辛とり野菜みそ」鍋と〆の極上味噌ラーメンの、肉がおいしい作り方

まつやの「とり野菜みそ」を知らない人は、石川県にはいないという。能登半島に日本海から冷たい風が吹きつける季節になると、石川県の人たちはこの味噌で鍋をつくる。具材は野菜に加えて肉でも魚でも何でも合うし、ダシもポン酢も必要ない。「とり野菜みそ」...
おばあの贅沢三昧

豪華メニューは孫のため!? キムチ鍋(3日目!)とマグロのカマのホイル焼き

僕は昨日、2日目のキムチ鍋を平らげてしまおうと、土鍋いっぱいの具材をほおばり、汁をすすった。少しでも残れば、おばあは再び具材を追加してキムチ鍋が3日目に突入してしまう。 食べ物は加熱すればいつまででも食べられるとおばあは思っている。お...
おばあはマサオの死を悼む

高血圧のおばあ、ついに減塩!? エバラ「キムチ鍋の素」だけでつくるキムチ鍋

おばあが土鍋のフタを開けると、白い湯気が立ち上った。顔を近づけていた僕の眼鏡がくもり、白くかすんだ視界のむこうに赤く染まった具材が見えた。キムチ鍋だ。80代の高齢者と運動不足の30代しかいないのに、大きな土鍋にたっぷりと豚肉やシメジ、春菊などが入っている。僕ら2人では到底、一度に食べきれない量だ。白菜キムチの姿が確認できないけど、底のほうで層をつくっているのに違いない。
スポンサーリンク