スポンサーリンク
炊いたんマスターへの道

今だからこそ石川県のソウルフードまつや『とり野菜みそ』で、おばあ仕込みのひとり牡蠣鍋

おばあのような料理上手になりたい! だけど半世紀以上、台所で鍛え上げた調理技術と料理のレパートリーをいきなり再現することは不可能だ。だったらまずは、特におばあが得意な鍋で煮炊きした料理、通称“炊いたん”を習得しよう。 という目標に向かって、...
炊いたんマスターへの道

『おばあのクリームシチュー』を孫が作るはずが、『栗原はるみのビーフシチュー』の素で絶品ハンバーグシチューに!?

洋風の“炊いたん”のコツを聞きにおばあの元へ どんな食材でもおいしく"炊く”、おばあのような“炊いたんマスター”になってやる! そう決めて、僕がこれまでに作ったのは、大根やかぼちゃ、里芋、魚などを使った和食の“炊いたん”。 ちなみに“炊いた...
炊いたんマスターへの道

おばあのおかげで届いた伊勢海老!調理は簡単、切って炊く!独りの年始が一気に賑わう伊勢海老味噌雑煮

ふぬけた僕に、どうして伊勢海老が!? おばあが家にいないから、今年の正月は久々に僕ひとりで過ごすことになった。どれくらい久しぶりかというと、沖縄の会社をやめて大阪のおばあの家の近くに住み、“おばあめし”を作ってもらうようになったのが2011...
炊いたんマスターへの道

新年のおせちと大晦日の年越し蕎麦はひとつでいい!おばあの孫の年越しおせち蕎麦

あけましておめでとうございます 応援してくれるみなさまのおかげで、このブログ“おばあめし”も2024年を迎えることができました。 施設で暮らすようになったおばあは、病気を抱えているので、元気……とは言い難いですが、快適な空間でおだやかに過ご...
炊いたんマスターへの道

おばあがいないクリスマスにヤケになって作る、トムヤムクン風レモントマトアクアパッツァ鶏鯛鍋!

去年の12月24日から、もう一年が経った。クリスマスは今年も、誰かとどこかに出かける予定なんてない。ぜいぜい気分転換に、以前おばあと一緒によく行った公園をおとずれ、 デコレーションされたクリスマスツリーを眺めるくらいだ。 でも、だからといっ...
お知らせ

おばあと僕の介護の日々が、生活情報誌『PHPくらしラク~る』にて、連載マンガに!

おばあと僕の介護の話がなんと、マンガになりました!僕が綴ったおばあとの日常を原作に、ほっこりかわいい素敵な絵で、いしづかちなつさんがマンガにしてくれました! 題して「おばあと孫のボケ・つっこみ介護日記」笑いあり! そして、涙あり??介護初心...
炊いたんマスターへの道

おばあの料理の秘訣「あるもんで作る」を、孫が実践して失敗!?鶏肉の炊いたん

おばあが「炊いたん」と呼ぶ煮物には、よく鶏肉が入っていた。“おばあめし”の記録でもある、このブログをざっと見返しただけでも、 こんな、甘辛い和風の味で、見るからにごはんが欲しくなるものや、おばあの故郷の愛媛の山奥で作っていたような―― 細い...
炊いたんマスターへの道

魚が苦手なおばあの教えでなぜか絶品に!孫が作るサバの味噌煮の秘訣

89歳のおばあは、愛媛の山奥にいた子どものころから家族のために料理を作ってきた。去年のはじめごろまでは僕のために10年間、おいしくてちょっと変わった手料理、“おばあめし”を毎日作ってくれた。ところが、だんだん筋肉が動かせなくなる難病、パーキ...
炊いたんマスターへの道

自分で作ってわかった「里芋の炊いたん」の難しさと、毎日でも作るおばあの凄さ!

おばあの得意料理”炊いたん”を極め、“炊いたんマスター”に僕はなる!と決意して、前回作ったのがーー “なんきんの炊いたん”。かぼちゃの煮物と呼べばわかりやすいけど、やっぱりおばあの言い方がしっくりくる。その出来栄えは、はじめてなのに大成功!...
炊いたんマスターへの道

“炊いたん”マスターに僕はなる!ハロウィンに作るなんきんの炊いたんと闇炊いたん

大根でも魚でも具材は何でも、おばあは鍋で煮た料理を“炊いたん”と呼ぶ。その炊いたんを、おばあは僕に毎日のように作ってくれた。生まれ育った愛媛の山奥でも、料理当番だった子どものころから何かを“炊いて”いたというから、生涯でいちばん作っているお...
炊いたんマスターへの道

施設のおばあに食べさせたい料理NO.1!?孫が作る“大根の炊いたん”

おばあは長年、暮らした家をしばらく離れることになった。その理由は先日⇩の通り。 というわけで留守を預かった僕は、自宅から徒歩数分のおばあの家に通っている。 おばあの家に行くと、家の中や周りを掃除して鉢植えに水をやり、たまに送られてくる郵便物...
敬老の日

おばあに感謝、敬老の日!今年は施設で大好きなスイーツも食べられないけど、感謝の気持ちをプレゼントに込めて

近所で90年続く福祉施設でお世話になりはじめて、おばあの体調はよく、笑顔も増えた。 施設では看護師も常駐し、パーキンソン病の対応もばっちり。職員はみんなよく気にかけて見守ってくれるし、お風呂もトイレも、おばあは家にいるときより格段に楽になっ...
スポンサーリンク