スポンサーリンク
炊いたんマスターへの道

孫がついに挑戦する、おばあ得意の特別メニュー【牛肉のすき焼き】

ばあが作る肉料理といえば!? やっぱりおばあはすごかった。10年間、毎日ごはんを作ってくれていたときは、それがあまりに当たり前すぎて、僕は全然わかっていなかった!それが自分で作るようになって、ようやく理解できた。 おばあは、とんでもなくスペ...
炊いたんマスターへの道

特定健診で異常値が出たから孫が作る【おばあ仕込みの豚汁】

特定健診の結果、中性脂肪がまさかの異常値 「ごはんくらい作ったる!」と自分の祖母、おばあに背中を押され、僕は20代後半で会社をやめて大学に通うようになった。それから月日は流れ、おばあは得意の料理ができなくなり、僕が代わりに料理を作るようにな...
炊いたんマスターへの道

旬の食材同士で相性抜群、おばあの料理、タケノコとワカメの炊いたん(若竹煮)に孫が挑戦

おばあがよく作ってくれた“タケノコの炊いたん”。そのタケノコのアク抜きに前回、はじめて挑戦した。方法はまず皮をむき、米ぬかと一緒に一時間ほど炊いて、そのまま一日放置するだけ。どんなに簡単そうなことでも、僕がやると、はじめからうまくいったため...
炊いたんマスターへの道

おばあの得意料理“タケノコの炊いたん”に孫が挑戦…って、どうやってアク抜きするんや、おばあ!

ついにタケノコを、僕が料理するときがやってきた! 僕の祖母、おばあが毎日のように作ってくれた煮物料理、“炊いたん”にはよくタケノコが入っていた。時期外れでも真空パックの水煮のやつを買ってきて、一年じゅうタケノコの炊いたんが食卓に並んだ。水煮...
炊いたんマスターへの道

出汁のかわりにコンソメで『イカと大根の炊いたん』!?レンチン時短でおばあの技も

僕の祖母、おばあがよく作ってくれた煮物料理“炊いたん”。肉、野菜、魚……どんな食材を使っても、おばあの炊いたんは絶品だった。その技を僕も身につけたいと日々、何かを“炊いて”いる。とはいえ、おばあの得意技は炊くだけじゃない。惣菜の唐揚げと酢豚...
炊いたんマスターへの道

おばあの味を求め、土鍋で作る炊き込みごはんは、石川県の無農薬米と瀬戸内海の新鮮な牡蠣で

自炊をはじめてやっとわかった【ごはんも立派な一品】! 料理上手なおばあが特に得意だったのが、何かを煮炊きした料理“炊いたん”だ。 生まれ育った愛媛の山奥で、おばあは子どものころから家族のために、その日採れた食材を“炊いて”いた。22歳で結婚...
炊いたんマスターへの道

未知の食材、エイを炊く!他の魚とは違う、アンモニアが発生する軟骨魚類独特の味とは?土鍋で里芋と一緒に調理

自分の祖母、おばあのような料理上手になりたい。まずはおばあが得意だった煮物料理“炊いたん”の極意をマスターし、どんな食材でもおいしく炊けるようになってやる!そんな目標を胸に、僕が今回、商店街の魚屋に行って見つけたのは、 こんなの……って、な...
炊いたんマスターへの道

孫がおばあに食べさせたい『濃いシチュー4種のチーズ』で、牡蠣たっぷり濃厚クリームシチュー

クリームシチューに入れたい“好きなもん” おばあが作ったシチューが食べたい! だけど長年、料理を作ってくれた僕の祖母、おばあはパーキンソン病が進行して台所に立てなくなり、ついに介護施設に移ってしまった。それなら自分で作るしかない! と初めて...
炊いたんマスターへの道

今だからこそ石川県のソウルフードまつや『とり野菜みそ』で、おばあ仕込みのひとり牡蠣鍋

おばあのような料理上手になりたい! だけど半世紀以上、台所で鍛え上げた調理技術と料理のレパートリーをいきなり再現することは不可能だ。だったらまずは、特におばあが得意な鍋で煮炊きした料理、通称“炊いたん”を習得しよう。 という目標に向かって、...
炊いたんマスターへの道

『おばあのクリームシチュー』を孫が作るはずが、『栗原はるみのビーフシチュー』の素で絶品ハンバーグシチューに!?

洋風の“炊いたん”のコツを聞きにおばあの元へ どんな食材でもおいしく"炊く”、おばあのような“炊いたんマスター”になってやる! そう決めて、僕がこれまでに作ったのは、大根やかぼちゃ、里芋、魚などを使った和食の“炊いたん”。 ちなみに“炊いた...
炊いたんマスターへの道

おばあのおかげで届いた伊勢海老!調理は簡単、切って炊く!独りの年始が一気に賑わう伊勢海老味噌雑煮

ふぬけた僕に、どうして伊勢海老が!? おばあが家にいないから、今年の正月は久々に僕ひとりで過ごすことになった。どれくらい久しぶりかというと、沖縄の会社をやめて大阪のおばあの家の近くに住み、“おばあめし”を作ってもらうようになったのが2011...
炊いたんマスターへの道

新年のおせちと大晦日の年越し蕎麦はひとつでいい!おばあの孫の年越しおせち蕎麦

あけましておめでとうございます 応援してくれるみなさまのおかげで、このブログ“おばあめし”も2024年を迎えることができました。 施設で暮らすようになったおばあは、病気を抱えているので、元気……とは言い難いですが、快適な空間でおだやかに過ご...
スポンサーリンク