働く男をねぎらう、おばあの疲労回復メニュー! マグロの刺し身と天ぷら、ウィンナー


働く男をねぎらう、おばあの疲労回復メニュー! マグロの刺し身と天ぷら、ウィンナー

マグロの刺し身、レンコンとサツマイモの天ぷら、ソーセージなど、おばあがつくった晩ごはんのメニュー

メニュー
・マグロの刺し身
・レンコンとさつまいもの天ぷら
・ウィンナー(日本ハム 小さなシャウエッセン)
・なます
サバ、大根、にんじん
・味噌汁
白菜、豆腐、わかめ、たまご
・サラダ
生:トマト、キャベツ 茹で:ブロッコリー、アスパラガス、ほうれん草
・ごはん

テーブルの上に生もの、揚げもの、焼いたもの、汁もの。色とりどりのおかずが、目の前にひしめいている。昨日も正月みたいなメニューだったけど、今日はそのさらに上をいく豪華さだ。

僕は昨日、おばあに「最近、仕事が忙しく疲れている」という話をした。その労を料理でねぎらってくれているのだろうか。

おばあが作ったレンコンとサツマイモの天ぷら

衣が厚めの天ぷらの具材は、レンコンとさつまいものみ。サクッとした心地よい歯ごたえのレンコンも、揚げるとさらに甘さが増すさつまいもも、一度食べるとつい何度も箸が伸びてしまう癖になるおいしさだ。けどいつもなら一緒に並んでいるはずの、鶏肉のから揚げが見当たらない。せっかく揚げものをしたのに、僕の好物が食べられないなんてがっかり、なんて落ち込むことはない。

商店街の魚屋で買った、上質なマグロの赤身の刺身

鶏のから揚げに匹敵する大好物、マグロの刺し身がある! しかもこれは、商店街の魚屋で買ってきたやつだ! 味にうるさいおばあがひいきにする商店街の魚屋は、漁港の直売所で扱っているかのような上質な魚を仕入れてくる。

今日のマグロも見ただけでわかる。ルビーのような深い、艶と透明感のある赤。この色はそこらへんのスーパーではお目にかかれない。

つまの大根は、おばあが刻んだふぞろいなもの。この大根が白いままということは、マグロから赤い汁が出てきていない新鮮な証拠だ。

見ているだけではたまらず、ひときれを口に放り込む。口を閉じると、上下の歯のあいだ、そして上あごと舌のあいだでもマグロがペースト状にすりつぶされ、口じゅうに広がる。醤油に引き立てられた甘みとうま味、そしてわずかに鉄のような味がする。もう一切れ口に入れて味わい、ごはんをかき込んだ。

おばあが晩ごはんに出したウィンナー(日本ハム 小さなシャウエッセン)

マグロの皿の隣には、なぜかウィンナー。弁当サイズの小さめのものが4つ、丁寧に切れ目まで入っている。おかずが少ないときに出すならわかるけど、なぜ刺し身や天ぷらと一緒に並んでいるのだろう。弁当にぴったりなだけあって味も濃く、ごはんがすすんで仕方ない。

おばあが晩ごはんに作った、たまご入りの味噌汁

さらにおばあは、サバ入りの紅白なますも用意している。そしてダメ押しに、味噌汁にはたまごまで。

今日のメニューは高カロリーだ。平らげれば全身に力がみなぎってくることだろう。ハードな肉体労働を終えたあとにぴったりな気がする。そうか、おじいだ! 死んだおじいは、体が資本の大工だった。マグロの刺し身や、たまご入りの味噌汁が好きだった。ウィンナーはどうだったろうか。野菜が嫌いで、幼かった僕と食べ物の好みが似ていたから、ウィンナーも好物だったのに違いない。

僕が昨日、仕事で疲れていると伝えたから、おじいがハードに働いていたときの料理を、おばあは用意してくれたのだ。僕は仕事中、たいていパソコンの前に座っているのだけど、おばあは僕がのこぎりを引いたり、げんのうを振っているとでも思っているだろうか。

おばあはテーブルの向かい側で、テレビを見ながら、手づかみでさつまいもの天ぷらにかぶりついていた。何も考えてなさそうなおばあの横顔を見ていると、聞きたいことはたくさんあるのに、何も聞く気になれなかった。

サツマイモの天ぷらを手づかみで食べるおばあ

 にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ

お帰りの際は↑の画像をクリックしてくれればうれしいです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告