㊗「おばあめし」がついに…書籍に!!詳しくは【ここ】から行けるAmazonのページでご覧ください!

超甘党のおばあの原点!トウモロコシを孫が大量投入!?スジャータのコーンクリームポタージュ

僕の祖母おばあは、とにかく甘いものに目がない。僕がいくら腕によりをかけて、おばあの好きな料理を作っても、買ってきたケーキやいちご大福のほうが「そら、おいしいわ!」と当たり前のように言い放つ。

テーブルに常備してある飴が残り少なくなると、飴の補給担当の僕が怒られてしまう。常に飴が瓶いっぱいに詰まっていないと落ち着かないらしい。

少し前の夕飯どきにはこんなことがあった。おばあは珍しく料理にほとんど手をつけず
「今日はもう……しんどいわ」
と言って席を立ち、よろよろと寝室に向かっていく。

まさか! コロナは再感染するという話も聞くし、またかかってしまったのか!? 前回はなんとか退院できたけど、次はどうなるか……と不安に駆られて僕も食事どころではなく、ベッドで寝ているおばあの脇に体温計をはさんで熱を測った。

すると体温は、36℃台でまったく問題なし。近くで見るとおばあの顔は、血色もよく肌もツヤツヤで、健康そのものに見える。体調が悪くないとしたら、なぜ食欲がないのか? と不審に思っていると、
「お前もあとで、仏壇の豆菓子食べや」
とおばあが言った。

仏壇には、知り合いからもらったという豆菓子が何袋も積まれていた。もしかして、おばあが食事を残したのはこれが原因!? と思って問いただすと、予想は的中。100粒は入っている豆菓子を一袋、おばあは全部食べてしまったという。

「チョコレートの味でうまかったわ」
と満足そうに言うおばあの顔を見て、
「そんだけ甘いもん食べたら、ごはん食べずに眠くもなるわ!」
と突っ込まずにはいられなかった。

”三度のめしより、甘いもんが好き”なおばあが、甘党になった原点は、子どものころにさかのぼる。
おばあは愛媛の山奥で生まれ育ち、食べ物は家族で栽培するか山で採ってくる、ほとんど自給自足の暮らしをしていた。

そこで栽培していた中でも、おばあが特に好きだったのがトウモロコシだ。

大好物のケーキも当時は見たことすらなく、あんこの入った和菓子も口にする機会はほとんどなかった。チョコレートコーティングの豆菓子なんて、想像もつかなかったはず。

だからこそ、甘い「トウキビ(トウモロコシ)が採れる時期が待ち遠しかった」と、おばあは以前しみじみ語っていた。

【※おばあが語るトウモロコシのエピソードも収録した書籍「おばあめし」が、予約受付中です! 表紙の画像をクリックすると、Amazonのページで詳しく見れますよ】

砂糖の入った甘いお菓子やケーキもいいけど、トウモロコシは今でも格別らしい。

というわけで、おばあに食べてもらおうとトウモロコシを買いに行った。行きつけのスーパーの野菜コーナーで、すっかり顔なじみになった店員さんから、大きくて甘いトウモロコシがあるとすすめられて買ってきた。

たしかに普段見かけるトウモロコシより2周りくらい大きくて、ヒゲが多くて皮も分厚い。その皮を少し残してはいで、電子レンジでチン! そして、そのままガブり……もいいけど、今回はちょっと趣向をかえてコーンポタージュにすることにした。
とうもろこしと、スジャータのコーンポタージュ
それではミキサーを用意して、細かく……するのではなく、使ったのはスジャータのパック入りのもの。

おばあも以前、粉末のインスタントのやつをよく出してくれたし、パック入りならさらにおいしくて、失敗することもない間違いない味だ。

ただ今回は、そこに買ってきた大きめのトウモロコシ一本分を加えて具材にする。電子レンジでチンしたトウモロコシを包丁で削いで、鍋にあけたコーンポタージュに入れると、かなりの具だくさんになった。
スジャータのコーンポタージュを温めてお椀に入れた
『冷やしてもおいしい』らしいけど、おばあは温かいほうがいいと言うので、鍋で温めて出した。ひと口味見してみると、パックのコーンポタージュの完成されたおいしさに、大量のトウモロコシの甘味とつぶつぶの食感が加わって……もう最高! これなら、味にうるさいおばあも満足してくれるはず!

ほかのおかずは――
高齢の祖母に孫が作った料理。ハンバーグや厚揚げを細かく切ったもの。かぼちゃを煮たものなどを皿に盛り付けている。
肉屋のハンバーグに厚揚げ、甘辛く煮たかぼちゃやレンチンした温野菜。それにごはんは――
丸美屋のふりかけ「味道楽」をかけたおにぎり
丸美屋の『味道楽』をふりかけておにぎりに。

コーンポタージュ以外にも、おばあの好物を取り揃えた。

最近は僕の作った「孫めし」に、おばあはなかなかいい評価をしてくれないけど、今回はきっと…って――
食事をする祖母の手
すでに無言で食べ進んでるやんか!

だけど表情は、笑顔になるわけでもなく、眉間にシワが寄った険しい表情を崩さない。

まずはハンバーグを食べ終え、続いてコーンポタージュのお椀に手を伸ばし、そのままぐびぐびと喉を鳴らし、
お椀に入ったコーンポタージュをすする高齢の祖母
たまに具材の粒をもぐもぐ噛みながら――
お椀に入ったコーンポタージュを飲み終えた高齢の祖母
一気に飲み干してしまった。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

おばあめし(@obaameshi)がシェアした投稿


味の感想を聞くと、
「おいしかったー」
とうれしい返事。

そのあいだも食べる手を止めようとしない。

こんなに夢中で食べてくれて、ほんまに作った甲斐があったで、おばあ!

またトウモロコシを使った料理を出すことに決めた。インスタグラムに今回の料理の写真を投稿すると、コメント欄でトウモロコシを混ぜ込んで炊いたトウモロコシごはんや、トウモロコシの天ぷらがおすすめだと教えてくれた。そうだ、今度はトウモロコシ料理をいくつも作って、”トウモロコシづくし”にしよう!

タイトルとURLをコピーしました