バレンタインデーに豪華なチョコをもらった孫から祖母へ、ホワイトデーに甘いお返し

先月のバレンタインデーに、おばあは僕に豪華な夕飯と硬派なチョコレート2種(ブラックサンダー、明治ブラックチョコレート)さらに、フルーツが山盛りのホールケーキまでプレゼントしてくれた。

ところが超甘党で頑固なおばあは「自分が食べたかったからや!」と、素直に僕へのプレゼントだと認めず強がりを言っていた。だけどこれまでで最高に贅沢なバレンタインデーの贈りものをもらったからには、ホワイトデーにお返しせずにはいられない!

そして3月14日の今晩、いつものようにおばあの家に晩ごはんを食べに来ると、テーブルには大きな鍋が。僕が席に着くと――
手作りの煮物の鍋のフタを開ける祖母(おばあ)
おばあが待ち構えていたようにフタを開ける。その中身は、大量の――
祖母が作った煮物
おばあの得意料理、煮物!

一日目とは思えないほど全体がほどよく醤油色に染まり、見るからに味が染みておいしそう! 鶏肉やタケノコ、底にはフキまで入っていて、いつもより具材も豪勢だ。

その出来に満足しているから、おばあは珍しく煮物を鍋ごとテーブルに置いた……というだけではなく、ホワイトデーのプレゼントを期待しているからこそ、腕によりをかけてこれほどの量の煮物をじっくり煮込んでつくってくれたのに違いない!

さらにおかずは、僕の好物の焼き鮭も! しかも――
キャベツの上に乗せ、トマトを添えた焼き鮭
キャベツやレタスの上に盛り付けられて、トマトまで添えた豪華版!? それに加えて――
生ブロッコリーとピーマンと茹でほうれん草のサラダ
いつもの生ブロッコリー入りサラダまであって、緑黄色野菜がたっぷり! いつも以上に僕の健康を気づかってくれていて……これはやっぱり、お返しせずにはいられない!

その気持ちをぐっと抑えて、まずは料理を食べはじめる。芯まで濃いめの味が染みた煮物と、味付けなしの生野菜、ちょっと塩気のある焼き鮭の味のバランスが絶妙で、ごはん茶碗を片手に、箸が止まらなくなる。

食べ終えると、僕が食卓に並べたのは、来たときにこっそり冷蔵庫に入れておいたおばあの好物――
ホワイトデーに祖母(おばあ)にプレンゼントしたイチゴ
イチゴと―
ホワイトデーにバレンタインデーのお返しにプレゼントした天津甘栗とイチゴ
天津甘栗! 栗は今の時期でも食べられる、皮をむきやすいパックのものを見つけて買ってきた。おばあはまず栗に手を伸ばすと――
天津甘栗の皮をむいている祖母(おばあ)
するりと皮をむいて口に放り込み、
天津甘栗の皮をむいている祖母(おばあ)の手
さらにもうひとつ、素早く皮をむいて口に入れ、じっくり味わうように総入れ歯の口で噛みしめる。何も感想を言わないけど、どうやら気に入ってくれたらしい。

続けておばあはイチゴを手に取り――
イチゴのヘタを両手でとっている祖母(おばあ)
器用にヘタをもぎ取って、パクリと頬張ると――
イチゴを食べて酸っぱい顔をしている祖母(おばあ)
顔をしかめて
「すっぱい!」
とひとこと。

そ、そんなはずは!? 商店街のベテランの八百屋から「甘いよ!」と聞いて選んだイチゴなのに!? 

僕も食べてみると……たしかにちょっと酸味があるけど、普段食べるものよりじゅうぶん甘い! イチゴといえば、甘みの中にあるこの少しの酸味がいいと思っていたのに、どれだけ甘党なんや、おばあ! それとも歳をとって、どんどん甘党に拍車がかかっているのか!?

それなら……これはどうだ! と僕が冷蔵庫の奥から取り出してきたのは――
ホワイトデーに祖母にプレゼントした木苺のケーキと、チョコレートとナッツのケーキ
チョコレートのケーキとイチゴのケーキ。バレンタインデーにプレゼントしてくれたのと同じく、おばあの大好物、ケーキは絶対に外せない。

おばあは迷わず、さっき酸っぱい思いをしたイチゴ……ではなく、チョコレートのケーキを選んで食べはじめた。好きなものを少しずつ味わいたい僕と正反対のおばあは――
チョコレートケーキをスプーンですくって食べている祖母(おばあ)
いきなり上側の、チョコがたっぷりの部分を豪快にすくいとり、一気に食べてしまった。それがよっぽどおいしかったようで、おばあは続けて――
チョコレートケーキを手づかみで食べる祖母(おばあ)
手づかみで上のほうをもぎ取って、吸い込むように平らげた。そこでやっと一息ついたらしく――
好物のケーキを食べて笑顔の祖母(おばあ)
やっと笑顔を見せてくれた!

「おいしい?」
と聞くと
「そら、おいしいわ!」
と珍しく素直に味の感想を言った。

僕は何だかほっとして、残ったイチゴのケーキを食べはじめた。上に乗ったイチゴは、買ってきたものよりずいぶん酸っぱい。それがかえってスポンジとクリームの甘さを引き立てていた。

タイトルとURLをコピーしました