春菊は風邪に効く!? 味と香りが濃厚、春菊がメインの薬膳寄せ鍋


春菊は風邪に効く!? 味と香りが濃厚、春菊がメインの薬膳寄せ鍋

居間の戸を開けると、台所のほうから咳の音が聞こえてきた。痰が絡んでいるようで、続けざまに何度も咳き込んでいて苦しそうだ。

台所では、おばあが背中を丸めて口元を押さえていた。僕は床に置いてある「財宝温泉」のペットボトルをつかんだ。中の水をコップに半分ほど注いで渡すと、おばあはぐいっと一気に飲み干した。

「風邪か? 大丈夫か?」
「平気や」
とおばあはいう。

「何か手伝うことあるか?」
「あとは鍋を炊くだけや。手伝いはいらん」
そういっておばあは、口元に両手を持っていき、また咳をした。

コンロの上には土鍋がのっている。沸騰するダシの中には、すでに豚肉や白菜が浸かっていた。流し台には、山盛りの春菊がザルにのっている。おばあは口元から離した手を、春菊の山に伸ばした。

あっ! と僕が声を上げる間もなく、おばあは春菊を片手でわしづかみにし、煮えたぎる鍋に押し付けるように投入した。

土鍋に春菊をたっぷり入れたところ

「咳した手で、なんで食べるもんに触るんや!」
僕の抗議にも、
「火い通すから大丈夫や!」
とおばあは聞く耳を持たない。

確かに熱を加えれば菌は死ぬだろう。だけど、咳を受け止めたおばあの手には、唾がたっぷり飛び散っているはず。しかも、さっきの咳には痰が絡んでいた……。僕がふたたび非難の声を上げようとすると、

土鍋に投入した春菊を、おばあが菜箸で押さえているところ

おばあは菜箸を手にして、鍋の中の春菊を押さえつけた。口ではあんなことをいっていたけど、僕から指摘されて、おばあは自分の行為が不衛生だったことに気がついたのだ。

僕が黙ってダシに沈む春菊を見ていると、
「箸使うんは、熱いからや!」
とおばあはいう。
「もうええから、向こうで待っとれ!」

おばあがつくった春菊がたっぷり入った土鍋のフタが閉じているところ

食卓についてしばらく待っていると、おばあがすり足で台所からやってきた。ふきんごしに両手で土鍋をつかんでいる。鍋から立ち上る蒸気を吸って喉がうるおされたからか、おばあはもう咳をしていない。

おばあがつくった春菊を大量に入れた鍋

フタを開けると、湯気が立ち上り、中心できれいに2色にわかれた具材が現れた。片側は肉と白菜、シメジの薄茶色、そしてもう片方は、生より濃く色づいた春菊の鮮やかな緑色だ。

春菊が山盛りの鍋など、おばあがつくった野菜たっぷりなメニュー

メニュー
・寄せ鍋
春菊、豚肉、白菜、しめじ
・紅白なます
大根、サバ、にんじん
・サラダ
生:トマト、キャベツ 茹で:ブロッコリー、アスパラガス、ほうれん草
・ごはん

春菊は芯の部分に、みずみずしい歯ごたえが適度に残っている。しゃきしゃきと噛むごとに、少し苦味のある独特な風味が口の中で濃くなっていく。クセはあるけど悪くない。いつもより甘めのカツオベースのダシがよく合っている。火の通り具合も味付けも、春菊をおいしく食べるためにちゃんと考えられている。

春菊は火が通ってかさが減っているものの、食べても食べてもなくならない。土鍋の中に緑の分厚い層ができている。さっき僕が台所から離れたあとも、おばあは春菊をさらに追加したらしい。

時間とともにダシには春菊の風味が溶け出し、鍋の具材を何度か小皿に取り分けているうちに、豚肉も白菜も春菊の味しかしなくなってきた。

おばあは細長い春菊を、うどんみたいにつるつるとすすっている。じっくりと味わうように口を動かし、ごくりと飲み込むと満足げに目を細め、また次の春菊をすする。おばあはたしか、鍋に入れた春菊が好物だった。だからといって、これほど大量の春菊を一度に食べきるつもりだろうか。それにこれまで、おばあがつくってきた鍋に、今日ほど春菊が入っていたことはなかった。

「今日の鍋には何で、こんなに春菊ばっかり入ってるんや?」
僕が聞くと、
「医者が野菜食え、いうてたんや」
とおばあは答えた。

風邪気味のおばあは今日、病院に行ったのだろう。そしてたぶん医者から、風邪には野菜を食べるといいといわれたのだ。春菊たっぷりの鍋といい、紅白なますとサラダといい、野菜ばかりでヘルシーな感じがする。

特に味が濃く香りも強い春菊は、いかにも体に良さそうだ。鍋にして食べれば体も暖まり、風邪なんてすぐに吹き飛んでしまうかもしれない。年末の忙しい今の時期に、風邪を引くのはかんべんしてほしい。そう思いながら、僕は鍋の具材を何度もおかわりした。おばあも好物を前にしたときに発揮する、83歳とは思えない食欲で、春菊をすすりつづける。やがておばあと僕は鍋の中身を食べつくした。

高血圧の薬を入れるピルケースのフタを開けるおばあ

おばあは食後、一週間ぶんの薬が入るピルケースを取り出した。おばあはかなりの高血圧なので、毎食後にいくつも薬を飲む必要がある。

ピルケースに高血圧の薬を入れるおばあ

白い紙の袋から、病院で処方された薬の束を取り出し、錠剤を一粒ずつ、ピルケースに入れていく。
「今日、病院で測ったらな、血圧、少し下がっとったわ」
おばあは話しながら作業を続ける。口元はゆるみ、うれしそうだ。
「それに、今日は野菜ようけ食べたからな。医者がいうとったくらいやから、血圧はもっと下がるやろな」

なんだって! 医者が「野菜食え」といったのは、風邪にいいからじゃなかったのか。そう尋ねると
「風邪なんか、寝たら治るわ!」
とおばあは声を荒げた。その拍子にまた咳き込む。僕は慌ててお茶を湯呑に注ぎ、おばあに手渡した。

 にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ

お帰りの際は↑の画像をクリックしてくれればうれしいです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告