㊗「おばあめし」がついに…書籍に!!詳しくは【ここ】から行けるAmazonのページでご覧ください!

おばあと公園で過ごした【穏やかな一日】は、ビッグイベント盛りだくさんの【嵐の前の静けさ】か!?

おばあと一緒に、久々に公園に! 10月の半ばというのにポカポカと暖かく、あちこちで花が咲きほこり、辺りを行きかう人たちの足取りも軽やか。赤いリードの柴犬も、弾むようなステップで高齢の飼い主を先導している。

僕も楽しくなって、おばあが乗った車イスを押しながらどんどんスピードを上げて、そのままジョギング……しそうな勢いになったところで、
「ちょっと、待ちぃな!」
とおばあが手を挙げて僕を静止した。

さすがに急ぎ過ぎたのかと思ったら、
「あそこの花、ちょっと寄ってくれや」
と道の脇にいくつも咲いているオレンジ色の花を指さした。おばあは文字通り”花より団子”派……というのは僕の思い込みで、実は花を見るのも好きだったのだ。一緒に散歩をするようになって、おばあのことを知っているようでいて、まだ知らない一面があったとと気づかされる。

その花に近寄っておばあと一緒に眺めていると、
「きれいに咲いてるねえ」
と色付き眼鏡の上品な感じのご婦人が話しかけてきた。
「そうやねえ」
とおばあも応じている。

「花はいいですね」
と続いた僕も、最近になって、花を見ると心が穏やかになって気分がよくなることを知った。

上品なご婦人と、天気や植物について何気ない会話を交わし、花の前で写真を撮ってもらうことになった。さっきからおばあの表情が明るいので、飛び切りの笑顔で写真に収まってくれると思ったらーー公園の花の前に映る車椅子に乗った祖母と孫
何だかさえない、眠そうな顔……。僕がいくら笑うように言ってもーー公園の花を背景にした車椅子に乗った祖母と孫
固い……笑顔が固すぎるで、おばあ! と叫びたくなる微妙な顔。知らないご婦人に写真を撮ってもらっているからか、緊張しているみたいだ。

するとそのご婦人が
「奥さん、お洋服素敵ですねえ」
おばあのシャツをほめてくれた。僕には到底着こなせないけど、この草間彌生のかぼちゃみたいな柄、たしかにおばあに似合っている。

シャツをほめられたおばあはーー公園の花の前で笑顔の車椅子に乗った祖母と孫
この笑顔!!

それを引き出してくれた、乙女心のわかる花好きのご婦人には、
「ありがとうございます!」
と心から感謝して、ハットが似合っていることを伝えた。

このおだやかな一日は、先週のこと。まさに、”嵐の前の静けさ”だった。
今週は、大きな予定がいくつも控えている。

・20日(木)
 KBS京都ラジオ『さらピン!キョウト』に生出演!
(文字のリンクから、インターネットラジオ『ラジコ』で聴けます!)

・21日(金)
 小説家の津村記久子さんと『おばあめし』出版記念イベント開催
(詳細はリンク先、会場の書店の公式サイトで!)

【『おばあめし』刊行記念トークショー!大迫知信さん・津村記久子さん特別対談「おばあめし」の生みの親は、芥川賞作家!】
 場所:MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店
 開催日時:2022年10月21日(金) 19:00~20:30
丸善ジュンク堂梅田の本棚
(写真の中のQRコードからも公式サイトに行けます!)

僕と津村さん専用の棚も作ってもらえて……もう、梅田に足を向けて眠れない!

このイベントに向けて、僕は自分なりにプロモーションすべく大阪の書店を周り、『おばあめし』の陳列された棚に手書きにメッセージ入りポップを貼らせてもらってきた。
紀伊国屋書店梅田本店の『おばあめし』が陳列された棚
うれしいことに、お邪魔したほぼすべての書店で、『おばあめし』は表紙が見えるように陳列してくれていた!

ポップがあるのは、
紀伊国屋書店梅田本店、本町店、グランフロント大阪店、難波店
ジュンク堂難波店、そしてMARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店

ほかにも、「作家との集い」で有名な隆祥館書店や、料理書専門の波屋書房では『おばあめし』を新たに取り扱ってくださって、この場を借りて心から感謝します!

ほかにも、まだ発表できないけど、ちょっとおどろくできごとがあるのでお楽しみに!

このうれしい忙しさも、すべてはおばあのお陰。一段落したら、花……もいいけど、一緒に大好物のケーキをプレゼントしようと思う。

タイトルとURLをコピーしました