おばあが作る最高の『サッポロ一番みそラーメン』

僕が晩ごはんを食べにくると、おばあは待ち構えていたように黙って席を立つ。膝が痛いはずなのに、僕の目の前をすうっと風のように通り過ぎ、台所に向かっていく。

後を追うと、おばあが手にしたのはシンクの上の赤い袋! こ、これは――祖母(おばあ)が手に持つサッポロ一番みそラーメンの袋
『サッポロ一番みそラーメン』!! それ、袋めんの中でも、絶対おいしいやつやんか、おばあ!

コンロにはすでに、お湯がグラグラと沸き立つ鍋が! そこへおばあは麺と粉末スープを投入し、続いて手に取ったのは菜箸……ではなく金属のトング!?

トングで器用に麺をほぐし、小皿に用意してあった茹でほうれん草を入れると、冷蔵庫の扉を開ける。取り出したのは袋麺に欠かせない、生たまごだ! しかも今日はサッポロ一番みそラーメン! おいしさが倍増するのは間違いない!
サッポロ一番みそラーメンに生玉子を入れているところ
おばあは手に持つたまごを、熱い鍋の端に当てて割り、中身をぽとりと麺の上に!

そして少し煮立たせると、透明な白身が白く固まっていく。半熟のたまごを、麺が残り少なくなったころに思い切って崩し、最後の麺と一緒にすすれば……もう、想像しただけで最高……って、おばあ、鍋の中身を、そんなに勢いよく丼ぶりに流し入れたら――
袋麺を鍋で作り、丼ぶりに移しているところ
せっかくの半熟たまごがーー

完成したサッポロ一番みそラーメン
食べる前から崩れてしまってるやんか、おばあ! だけど……これはこれでおいしそう!! 今日は一口目から最高の瞬間を味わえばいい!

それにしても――
祖母(おばあ)と祖母が作った晩ごはん(サッポロ一番みそラーメン)
今夜のメニュー、たまごとほうれん草入りの、サッポロ一番みそラーメンだけでも充分なのに――

メニュー
・サッポロ一番みそラーメン
 茹でほうれん草、生たまご
・サンマの焼いたん
・煮物
 ごぼう、たけのこ、こんにゃく
・野菜
 生ピーマン、茹でほうれん草、ニンジン
・納豆

なんでこんなに、おかずが豪華なんだ!?
焼いたサンマが皿に乗っている
こんがりと金色に焼けたサンマや、
祖母(おばあ)が作ったゴボウとタケノコとコンニャクの煮物
おばあの得意の煮物、
茹でほうれん草とニンジンと、生ピーマンを皿に盛ったもの
それにいつもの野菜も! さらには、確実にごはんが欲しくなるーー
よく混ぜた納豆
納豆まで!

今日のメニュー、もしかして!?
「ごはんもあるの?」
恐る恐る聞いてみると、
「そらあるわ! さっさと入れてきいや!」
と力強い返事!

これだけ豪華なメニューがあるのに、ごはんまではさすがに……

「これだけあったら、ごはんは無理やで」
そう伝えると、おばあは不満そうに黙って顔をそむける。手に何やら握っているので見てみると――
柔らかなストレッチボールを握っている祖母(おばあ)
僕が昨日買ってきた、柔らかい握力トレーニング用のボール! 何だかうれしくなって、僕は一気にラーメンをすする。一口目からたまごが絡んで、至福の瞬間がやってきた。

タイトルとURLをコピーしました