年末は紅白よりも楽しみな、おばあの手作り年越しそば

大晦日の夜、自宅を出ると、冷たい風を切りながらおばあの家に向かう。急ぐのは寒さに耐えられないからでも、紅白歌合戦を一秒でも早く見たいからでもない。それより楽しみなのは、年に一度、この日だけ味わえる、おばあがつくる年越しそばだ!

おばあの家には、玄関にまで食欲をそそる香りが充満していた。たっぷりのかつおと昆布からとった、ダシの香りだ! たまらず居間に駆け込み、テレビを見ながらくつろぐおばあの横を素通りし、台所へと急ぐ。何やら叫んでいるおばあの声には構わず、香りに誘われるように鍋の前に立ち、フタを開けると――

祖母(おばあ)が作った年越しそばのつゆ

白い湯気とともに芳醇な香りが濃厚に立ちのぼり、琥珀色のつゆが現れた。鶏肉がごろごろ入っている。合わせダシに浮かぶ、この脂……ひと口すすったところを想像しただけで、もう、たまらない!

しばらくその香りと景色を堪能していると、
「そんなとこに、ぼうっと突っ立って、何やってんねん!」
おばあの大声が間近で響いてきた。そして目の前に二本の手が伸びて来て――

年越しそばの袋を開ける祖母(おばあ)の手

つゆの隣の沸騰する鍋の中に――

年越しそばを鍋で茹でているところ

そばを投入した。

茹でている蕎麦を菜箸で混ぜている祖母(おばあ)

それをおばあは、手際よく菜箸でかき混ぜ、

年越しそばの丼ぶりに春菊を入れているところ

用意していた丼ぶりの中に、生の春菊を入れると、

茹で上がった蕎麦の鍋を持っている祖母(おばあ)

そばの鍋が再び沸騰したところで、

茹で上がった蕎麦をザルにあけているところ

一気にザルにあける。そして春菊入りの丼ぶりに、そばを移し替え――

年越し蕎麦の出汁を丼ぶりに入れているところ

湯気が立つ黄金のつゆを、お玉ですくっては――

年越しそばの出汁を丼ぶりに移しているところ

鶏肉と一緒にそばにかけ、

年越しそばの出汁と鶏肉を丼ぶりに入れているところ

また、すくってはかけ、

年越しそばの出汁と鶏肉を丼ぶりに入れているところ

すくってはかけを繰り返し、あっという間につくってしまった。段取りと手際が完璧だ。熱々のできたてを食べさせたいという、おばあの心意気が伝わってくる。

「それ、自分で持ってこい」
そういい残し、ゆったりとした足取りで居間に引き上げていく、おばあの小さな背中がかっこいい。早速丼ぶりを両手で抱え、食卓に向かうと――

鶏肉入りの年越し蕎麦やブリの刺身など、祖母(おばあ)が作った大晦日の晩ごはん

メニュー
・年越しそば
鶏肉、春菊
・ハマチの刺身
・酢レンコンと酢ゴボウ
・黒豆
・ほうれん草のおひたし
・豚トロとタケノコの煮物
・サラダ
生:玉ねぎの醤油漬け、レタス、ミニトマト
茹で:ブロッコリー、アスパラガス

今年は、おかずの数がすごいぞ!

大晦日に祖母(おばあ)が出したハマチの刺身

見るからに脂の乗ったハマチの刺身や、

祖母(おばあ)が作った豚トロとタケノコの煮物

豚トロとタケノコの煮物、

大晦日の晩ごはんに祖母(おばあ)が出した、酢レンコンと酢ゴボウ

正月用の酢レンコンと酢ゴボウに、

皿に盛った黒豆

僕の好物の黒豆、

祖母(おばあ)が作ったほうれん草のおひたし

ほうれん草のおひたしまである。

おばあは近ごろ、「でけへんことが増えてきた」とか「なんでも忘れてばっかりや」とか、体と頭の衰えを嘆くことが増えてきたけど、これだけの料理ができるなら、まだまだ問題なさそうだ。

祖母(おばあ)が作った鶏肉入りの年越し蕎麦
いつになく穏やかな気持ちで、年越しそばをすする。毎年麺がおばあ好みの柔らかめだけど、今年は茹ですぎず美味しくなっている! つゆもダシのうま味がパワーアップしているように感じられる。衰えたどころか、料理は進化してるやんか、おばあ!

それから一気に、豪華なおかずとそばを食べまくった。やがて全部平らげても、加速した食欲は止まらない。

炊飯器には、明日の昼のために持って帰る、おにぎり用のごはんが残っているはずだ。それを残ったそばのつゆに入れれば、絶品のダシ茶漬けになる。ああ、考えただけでたまらない。

だけど僕がいつも食べすぎるので、おばあからはお代わり禁止令が出ている。大晦日にストーブの前で紅白歌合戦を見てくつろぐ祖母(おばあ)

幸いおばあは先に食べ終え、紅白歌合戦に夢中になっている。耳も遠くなってきているといっていたし、僕が動いたところで気がつかないだろう。今のうちに、こっそりごはんを入れてこよう。そう思ってゆっくり立ち上がり、丼ぶりを手にして、そろそろと台所に向かう。

すると、
「ごはん、あんまり入れすぎるなや!」
とドスの効いた忠告が聞こえてきた。

おばあは僕の行動をすべて見透かしていたのか! その勘のよさ、全然衰えてないやんか! おばあに気づかれたので仕方なく、僕は丼ぶりに少しだけごはんを入れ、おばあが待つ食卓へと引き返した。そしてつゆと一緒にすすったごはんは、他の何にも代えられない格別な味がした。

年越し蕎麦の残りのつゆにご飯を入れたところ

タイトルとURLをコピーしました