凍り付く体も心も温める、おばあのクリスマス・ディナー

12月24日、クリスマスイブの夜、外に出ると、身も心も突き刺すような北風が吹き付けてきた。温かく心休まる自室に引き返したくなる。それでもこぶしを握り、歯を食いしばり、おばあの家へと歩みを進めるのは、クリスマスの寒さを吹き飛ばす豪華ディナーが用意してあるからだ!

と心の中で叫んでみたものの、本当のところ、確実にそうだともいい切れない。

季節の行事を大切にするおばあは、世間の空気を読んでクリスマスを祝うことも多いけど、気分屋なので面倒だと思えば特別なことは何もしない。チキンと刺身とピザという飛び切り豪華なメニューが出た年もあれば、お茶漬けをすすったこともある。

今年はどっちなんだ、おばあ!

手に提げた箱の中には、ケーキが2人ぶん入っている。僕だけがクリスマス気分でケーキを買ってきたとなると、何だか能天気でみじめで、バカみたいじゃないか! 頼むからスペシャルメニューを用意していてくれ、おばあ! 

祈るような気持ちで、寒風に逆らいながらおばあの家へとたどり着いた。体は芯まで冷え切っているように寒かった。恐る恐る居間の戸を開けると――

鶏のもも焼きや牡蠣の天ぷらなど、祖母(おばあ)がクリスマスイブに作った晩ごはん

メニュー
・鶏のもも焼き
・??の天ぷら
・スパゲティサラダ
・高野豆腐
・ほうれん草のおひたし
・サラダ
生:玉ねぎの醤油漬け、キャベツ
茹で:ブロッコリー、アスパラガス

すごいぞ! これこそ僕が期待していたクリスマスディナーだ!

祖母(おばあ)がクリスマスイブに作った鶏のもも焼き

まず目に飛び込んでくるメインディッシュは、皮に絶妙な焼き色がついた、巨大な鶏のもも焼き!

祖母(おばあ)がクリスマスイブに出したスパゲティサラダ

そしてスパゲティサラダに加え、

祖母(おばあ)が作った高野豆腐の煮物

高野豆腐に、

祖母(おばあ)が作ったほうれん草のおひたし

ほうれん草のおひたし、

祖母(おばあ)が作った大根とタケノコの煮物

大根とタケノコの煮物という、和のおかずも充実している。それにしても――

祖母(おばあ)が作った牡蠣の天ぷら

この揚げ物は何なんだ!? 厚めの衣をまとった天ぷらのようだけど……。この丸みを帯びた形は、まさか!? おばあは昨日、お歳暮で瀬戸内の牡蠣が届くといっていた。だとするとこれは牡蠣の、フライではなく――

「何してんねん、早よ食べや!」
おばあの大声が聞こえたかと思うと、手が伸びてきて、

祖母(おばあ)が手で牡蠣の天ぷらを摘まんでいるところ

ひとつつまみ、

牡蠣の天ぷらを摘まんでいる祖母(おばあ)の手

大きく開いた口に持っていくと、

祖母(おばあ)が牡蠣の天ぷらを食べているところ

がぶりとかじった。そして、
「お前もさっさと食えや!」
と僕にうながす。

おばあにならって、僕も手づかみで口に運ぶと……表面はカリッと、中はふっくらとした衣の中から、やわらかく滑らかな牡蠣が現れた。そのまま噛むと、海のうま味が凝縮したエキスがあふれ出る!

これは!? 牡蠣といえばフライが最高だと思っていたけど、天ぷらも絶品だ!

それから夢中で牡蠣天を頬張り、もも焼きにかぶりつき、休む暇もなく食べまくった。もも焼きは骨になり、小皿は空になり、おばあと2人で牡蠣天の山もあらかた食べつくした。

もう満腹に近いけど、まだクリスマスのデザートが残っている。
「ケーキあるんやけど――」
僕がたずねようとすると、まだいい終わらないうちに
「あるなら持って来いや!」
と元気よく答えたおばあは、まだまだ食べる気満々だ。

いわれた通り――

クリスマスに買ってきたケーキ2種類

ケーキを並べ、どちらがいいか聞く前に――

クリスマスイブに買ってきたイチゴのチーズケーキ

おばあはイチゴのチーズケーキの皿を引き寄せ、

クリスマスケーキのイチゴをスプーンですくっているところ

てっぺんのイチゴから食べはじめた。

クリスマスのイチゴのチーズケーキを祖母が食べているところ

スプーンですくい取っては食べ、

クリスマスケーキをスプーンで食べている祖母

すくい取っては食べ、

クリスマスケーキを祖母が食べているところ

パクパクと食べ進み、ついには――

祖母(おばあ)が素手でクリスマスケーキを手づかみしているところ

手づかみで、

祖母(おばあ)がクリスマスケーキを手づかみで食べているところ

豪快にかぶりつく!

僕も負けじとケーキを手づかみで食べていると、
「このケーキ、うまかったわ!」
おばあが満足げにいった。
「料理もおいしかったで!」
僕が返すと、おばあは黙って胸を張った。それを見た僕は、身も心もすっかり温まっていることに気がついた。そして舐めた指先のクリームは、思っていたより甘かった。

タイトルとURLをコピーしました