寒い日におばあが作るとご馳走に!サッポロ一番味噌ラーメン

居間ではおばあが、灯油ストーブの前のイスに腰かけ、テレビのニュース番組をぼうっと眺めていた。少し間があって、入口に立つ僕にゆっくりと顔を向けた。そして驚いたように目を見開くと、イスのひじ掛けに手をついて立ち上がった。

いきなりどうしたんだ、おばあ! と声をかける間もなく、おばあはそのまままっすぐ、すり足で台所に向かって行く。

僕がやってきたこともすぐには気づかなかったし、この突飛な行動はまさか……急にボケてしまったのか!? ボケると徘徊するとは聞いたことがあるけど、住み慣れた室内をうろつくことなんてあるのか!?

急いでおばあを追いかけると、台所にあったのは―― 

サッポロ一番味噌ラーメンの袋から麺が出ているところ

サッポロ一番味噌ラーメン! 久しぶりに食べる、袋入りラーメンの王道だ! 寒い今晩、ぴったりのチョイスやんか! それに、すぐに調理に取り掛かれるよう、あらかじめ袋が切ってある! さらにコンロの上では――

サッポロ一番味噌ラーメンをつくるために、鍋で豚肉を茹でているところ

豚肉入りの鍋が沸騰している。僕が来る時間を見計らって、火にかけていたんだ! この隙のない段取り、おばあの意識はボケてどこかに飛んでいるどころか、冴えまくっている! ごめんよ、おばあ、僕に気がついて一目散に台所にやってきたのは、熱々のサッポロ一番味噌ラーメンを食べさせるためだったのか!

僕が立ち尽くすそばで、おばあは黙々と調理を続ける。

サッポロ一番味噌ラーメンのスープを作っているところ

沸騰した湯に、粉末スープを入れ、

サッポロ一番味噌ラーメンの麺を手でつかんでいるところ

麺を袋から取り出すと――

サッポロ一番味噌ラーメンを鍋で作っているところ

鍋に滑らすように投入し、

サッポロ一番味噌ラーメンの麺を鍋に入れて煮ているところ

菜箸で押さえて、煮えたぎる湯につける。さらに――

サッポロ一番味噌ラーメンに入れる生卵を手で持っているところ

たまごを手に取ると、鍋に追加……するのではなく、

丼ぶりに入っているキャベツと生卵

丼ぶりに入れてあった、生のキャベツの上に中身を落とした。この二種の具材は、煮込まないらしい。本当はちょっと煮て、しんなりしたキャベツが好みだけど、今回は黙って従おう。

サッポロ一番味噌ラーメンを鍋で作っているところ

おばあは麺がやわらかくなると、鍋を持ち上げ――

サッポロ一番味噌ラーメンを作って、丼ぶりに移しているところ

一気に丼ぶりに中身を移す。

サッポロ一番味噌ラーメンやハマチの刺身など、祖母(おばあ)が作った晩ごはんのメニュー

メニュー
・サッポロ一番味噌ラーメン
たまご、キャベツ、豚肉
・ハマチの刺身
・豚トロと大根と厚揚げの煮物
・ほうれん草のごま和え
・サラダ
生:玉ねぎの醤油漬け、ミニトマト、キャベツ
茹で:ブロッコリー、アスパラガス

おばあ特製、サッポロ一番味噌ラーメンの完成だ! しかも今晩は、それだけじゃない!

祖母(おばあ)が作った、豚トロと大根と厚揚げの煮物

豚トロや大根の煮物に、

おばあの家の晩ごはんで出たハマチの刺身

艶やかで新鮮そうなハマチの刺身まで並んでいる!

祖母(おばあ)が作った、ほうれん草のごま和え

ほうれん草のおひたしや、

祖母(おばあ)が作った、ミニトマトや玉ねぎの醤油漬けが乗った野菜サラダ

いつものサラダと、野菜も充実していて――

生卵やキャベツ、豚肉が具材のサッポロ一番味噌ラーメン

主役のサッポロ一番味噌ラーメンが、ひときわ輝いて見える。手軽にできるインスタントラーメンだけど、このメニュー、豪華すぎるやろ、おばあ! 

「すごいご馳走やな!」
僕がいうと、
「なんや?」
とおばあは聞こえているはずなのに聞き返し
「ええから、さっさと食え! 冷めてまうで!」
と声を荒げた。そしてまたテレビに集中しはじめる。

いわれた通り、僕はおばあの背中を見ながらラーメンをすすった。一仕事終えたその背中は、いつもより大きく、頼もしく見えた。

ストーブの前に座ってテレビ番組を見ている祖母(おばあ)

タイトルとURLをコピーしました