おばあの節分『福は内』メニューは、切り分けた恵方巻とイワシが二匹

今年の2月2日は、124年ぶりの1日早い節分の日。ということは……今日!?

スマホにたまたま表示されたニュースで知って驚いた僕と違って、おばあはやけに世間の情報にくわしい。首相が発令した緊急事態宣言も、延長された瞬間に日程をいち早く理解しているし、今年の節分が2月2日ということくらい1カ月前には感付いていただろう。それに僕以上に季節の変化に敏感で、行事を大切しているから、今夜は必ず節分のスペシャルメニューを用意しているはず!

期待しながらおばあの家に行くと――
節分の日に晩ごはんをテーブルに並べ、イスに座っている祖母(おばあ)
おばあは黙ってテレビを見ていて、いつもと変わらない様子。クリスマスとか僕の誕生日とか、何かイベントがあると特別な料理を用意して、明るい表情でどこか誇らしげに僕をむかえてくれるのに、今夜はむしろうつむき加減でテレビをじっと見ている。それほどニュースでやっている新型コロナウィルスのことが心配なのか?

それともまさか……節分が2月2日ということをわかっていない!?

いや、おばあに限ってそんなことは!? とテーブルに目をやると……あった! ちゃんと節分の献立を用意してくれている!
節分に用意したイワシの丸焼き2匹が皿に乗っている。
見るからに香ばしい焼き目をつけ、黄金色に輝く大きなイワシの丸焼きが2匹も!

そして――
祖母が作ったチクワと大根とタケノコの煮物
いつもの煮物に、野菜も! さらに、ついこの前、作ってくれた新メニュー――
生春菊と鶏肉入りの、味噌汁蕎麦
生春菊入りの味噌汁蕎麦まで!

それに節分と言えば、やっぱり、太巻きをその年の『恵方』に向かって丸かじりする恵方巻き! 今年の恵方は南南東だから、ちょうど僕からおばあの方を向いて、さあ、かじってやる……って、これ――
恵方巻きを一口サイズに切った巻き寿司
食べやすい大きさに切ってしもてるやんか、おばあ!

思わず、
「何で切ったんや?」
とたずねると、
「食べやすいからや!」
と一喝されてしまった。

たしかに小さいと食べやすいけど……切り分けてしまったら恵方巻というより、巻き寿司というのでは……それに、一昨年くらいから同じやりとりを繰り返してきたような……。

もはやおばあにとって恵方巻は、切って食べるのが当たり前なのか!? 釈然としないまま手でつまんで頬張ると……おいしい! おばあが買ってくる恵方巻は、かんぴょうとたまごのシンプルなものがお約束だったけど、今年はサーモンにネギトロまで入っている豪華版だ!

メニュー
・イワシの丸焼き
・味噌汁蕎麦
 具:生春菊、鶏肉
・ちくわとタケノコと大根の炊いたん
・野菜(キムチのせ)
 生:ブロッコリー、ピーマン 茹で:ほうれん草、ニンジン
・切り分けた恵方巻

生の魚入りの豪華な恵方巻は、切り分けられて巻き寿司になったし、豆もないけど、おばあの料理を食べれば、おいしくて『福』を感じる。あとは『鬼』の退散を願って、おばあがいる南南東を向きながらイワシを丸ごと手でつかみ頭からかじった。

タイトルとURLをコピーしました