祝ウォーカープラス連載!高齢のおばあが祝う、大量すき焼き!

情報サイト『ウォーカープラス』で、おばあめしの連載が月一回のペースではじまった!

雑誌しかなかった十代のころから、ずっと”おでかけ情報”を参考にしていた『ウォーカー』に載るなんて、えらいことやで、おばあ! 京都の定番観光スポットから大阪城の桜や梅の開花、人気のグルメ情報まで、インドア派の僕に“外”の情報を教えてくれて、数々の思い出をつくってきた、あの『関西ウォーカー』やで!

そう僕が熱を込めて語っても、
「へえ…そうか」
とおばあは表情ひとつ変えず、ぼうっとテレビを見るばかり。それもこれもおばあのお陰なのに、何も自覚していないのか!?

ところが、連載開始から一日経った夜、僕が晩ごはんを食べにおばあの家にやってくると――テーブルには、大きな鍋が! そして部屋中に立ち込めている、この醤油と砂糖の混ざったようなごはんが猛烈に欲しくなる甘辛い香りは……まさか!?

驚く僕をよそに――
祖母がすき焼きの鍋のフタに手をかけているところ
おばあが黙って鍋のフタに手をかけ――
祖母(おばあ)がすき焼きの鍋のフタを持ち上げているところ
一気に持ち上げると、ふわっと立ちのぼる湯気とともに現れたのは――
祖母(おばあ)が作った鍋いっぱいに入ったすき焼き
鍋いっぱいのネギや白菜、えのきにしめじにエリンギまで! 豊富な具材の中でも主役はやっぱり、脂ののった牛肉……って、すき焼きやんか、おばあ!

メニュー
・すき焼き

 牛肉、長ネギ、白菜、もやし、えのき、しめじ、エリンギ、ほうれん草、しらたき、糸こんにゃく
・いつものサラダ、キムチのせ
 生:ピーマン、ブロッコリー 茹で:ほうれん草、にんじん
・納豆
・ごはん

僕の大好物を、このタイミングで数カ月ぶりに作ってくれた!? しかも厚みのある鍋にたっぷりの、二人では到底食べきれない量! おばあなりに、ウォーカーの連載を祝っているのに違いない!

ところが、そう聞いてみても、
「そんなんちゃうわ。すき焼きくらい簡単なもんや」
と即座に否定する。

だけど僕はわかっている。頑固でプライドの高いおばあは照れて強がっているだけで、本心では嬉しがっているはず! というのも、大量のすき焼きに加えて、いつものサラダには――
サラダにキムチを載せたキムチサラダ
真っ赤なキムチがプラスされ、スペシャル版になっている! このカラフルな色合いでお祝いムードを演出していることくらい、長年おばあの料理を食べてきた僕にはお見通しだ! うま味が強くてピリ辛のキムチに、これまた味の濃いホウレン草やピーマン、ブロッコリーといった緑黄色野菜がよく合っていて、味のコンビネーションもたまらない。

さらに、具だくさんのすき焼きやスペシャルサラダがあるのに、ダメ押しの――
良くかき混ぜたパック入りの納豆
納豆まで並んでいる! ここにサラダのキムチを半分入れて、よく混ぜれば――
ごはんに乗せたキムチ納豆
キムチ納豆の完成! これだけで茶碗一杯くらい、一気にかき込んでしまいそうだけど、今晩のメインはすき焼きだ!
皿に取り分けたすき焼きの具材
満を持して鍋に箸をつける。もちろん肉から口に運ぶと……もう止まらない。肉のうま味と脂の甘みが、和風の甘辛い味に引き立てられて、思わず茶碗に手が伸びる。くたくたになった野菜に、キノコや糸こんにゃくの歯ごたえのコントラストも心地いい。またたく間に取り皿が空になり、すぐさま具材を取り分ける。

鍋の底の方にも肉がたっぷりで……この肉こそおばあのお祝いの気持ちだと思って、一口ずつ味わって食べた。


ウォーカープラスの連載、記念すべき第一回目はこちら↓
86歳の「おばあ」が握る斬新なおにぎりが大人気!話題の「おばあめし」の魅力に迫る

タイトルとURLをコピーしました