待ちわびた今年初のそうめんに、トッピングが生ピーマンと薄焼き玉子って、はじめて見たけど最高やで、おばあ!

東南アジアのスコールみたいな雨が降る蒸し暑い日が続き、ついにセミまで鳴きはじめた。だけど僕の祖母、おばあは棚の奥にしまったもらいものの高級そうめん『揖保乃糸』を一向に出してくれない。先日なぜかと聞いてみたら、存在自体を忘れていた。

箱を取り出し思い出させたので、さすがにそろそろ冷たいそうめんが夕飯の食卓に並ぶはず! しかも今日は明け方から雷が鳴り響き、晴れたと思ったらまた雨が降り、一日中湿度は最高潮。粘りつくような蒸し暑さに早くも夏バテ気味で、晩ごはんの時間になってもいつものような食欲が湧いてこない。

冷え性で暑さに強いおばあも、つるっといけるそうめんが恋しくなっているのに違いない! そう期待しながらおばあの家に向かうと――
食卓に着いてマスクを着けている祖母・おばあ
「おお、来たか!」
おばあは珍しく、僕を待ちかねたような明るい声で迎えてくれた。いつもは僕がやって来ても、テレビを見たままほとんど目も向けてくれないのに……。

もしかして……自分が作った料理の出来に満足して、早く僕にも食べさせたいという気持ちがそうさせているのか!? だとしたら、まさか……今日のメニューは

急いでテーブルに着くと、そこには何だか涼しげな料理が並んでいる! 
大きな皿には――
大皿に盛ったトマトとキャベツとブロッコリーの芯のサラダ
キャベツとトマトとブロッコリーの芯(生!?)が山盛りのサラダ。
そして隣の皿には――
千切りのピーマンと薄焼き卵をトッピングした素麺
千切りの生ピーマンと薄焼きたまごの、緑と黄色が鮮やかなサラダ……じゃない!?
そのすき間に見えるのは――
皿に盛ったピーマンと薄焼き卵をトッピングしたそうめん
糸のように細長くて白い、そうめん!! ついに念願の、今年初のそうめんが食べられる!

それにしても、トッピングが薄焼きたまごに生ピーマンの千切りって、はじめて見たけど……めちゃくちゃ相性良さそうやで、おばあ
ガラスの皿のめんつゆに素麺を浸しているところ
トッピングごとめんつゆにたっぷり浸してすすると、思った通り……いや、それ以上だ!

ピーマンはみずみずしく甘みがあり、ちょっと半熟の薄焼きたまごがそうめんに絡んで……もう、最高! さっぱりかつ濃厚で、蒸し暑さで半減していた食欲が蘇ってくる。

夢中でそうめんをすすっていると、
「たまご、失敗してもうたわ」
とおばあが残念そうに言う。

どうやらたまごは、固焼きの錦糸たまごが作りたかったらしい。だけど……。
「この半熟のほうがええやんか。大成功やで!」
僕が正直な感想を伝えると
「そうか。たまごは2個焼いたで!」
となぜかおばあは、使ったたまごの個数を教えてくれた。
マスクを着けて横を向く笑顔の祖母
その表情は目元がゆるんで、お気に入りの花柄マスクを着けていても喜びが伝わってくる。さっきの『失敗』発言は、おばあなりの謙遜らしい。今晩は特に腕によりをかけて料理を作ってくれたようで、僕の感想がうれしかったのだ。

それにスペシャルなのは、そうめんだけじゃない。

煮物には、おばあの田舎の愛媛から送られてきたゼンマイや――
ロールキャベツ入りのゼンマイの煮物
総菜のロールキャベツまで入っている。形が崩れているのはよく煮込まれているからで、トロトロのキャベツはしっかりと甘い。ゼンマイの独特の食感とのコントラストもクセになる。

そして味噌汁は――
祖母・おばあが作った豆腐とワカメの味噌汁
僕の好きなワカメと豆腐という王道の具材。
さらに――
皿に盛られたカツオのたたきと鯛の刺身
カツオのたたきと鯛の刺身が、同じ皿に並んでいる! 脂の乗った旬のカツオと、歯ごたえがあって淡泊な鯛の刺身を組み合わせるとは、さすがおばあ。食べることが何より好きなだけあって、おいしい組み合わせをわかっている。

それにそうめんをすすって刺身を頬張ると……これ、もうたまらへんで、おばあ!

メニュー
・そうめん
トッピング:生ピーマンの千切り、薄焼きたまご
・サラダ
トマト、キャベツ、ブロッコリーの芯
・煮物
ゼンマイ、ロールキャベツ、タケノコ、ちくわ、鶏肉
・ワカメと豆腐の味噌汁
・カツオのたたきと鯛の刺身

おばあオリジナル・トッピングの今年初のそうめん。そして盛りだくさんのおかずで、蒸し暑さと食欲不振はすっかり吹き飛び、気がつけばこれだけの量を全部一気に平らげていた。顔を上げておばあを見ると、まだうれしそうな表情のままテレビを見ていた。

タイトルとURLをコピーしました