おばあ特製、具材多すぎ『月が見えない』月見うどん

寒さは日に日に増してきて、晩ごはんを食べにおばあの家へと歩くわずか5分ほどで、指先がかじかんでいる。手袋がいる……と思ったら、もう12月!?

上着ももっと分厚いものを着込んでくればよかった。晩ごはんは、冷えた体が温まるものが食べたい! 僕より寒がりで季節感を大事にするおばあなら、きっと冬らしい熱々のメニューを用意してくれているはず! 

期待しながら居間の戸を開けると――

イスに座ってくつろいでいたおばあが、僕を見るなり立ち上がり、台所に向かって行く。膝が痛いと口ぐせみたいに言っているのに、足の運びは軽やかだ。

こ、この展開は……先日『サッポロ一番みそラーメン』を作ってくれたときと同じ! 今日はサッポロ一番の塩か、チャルメラか……まさかマルちゃん製麺!? 湯気を立てるラーメンの魅惑的な姿をあれこれ想像しながらおばあを追うと、台所にあったのは――
うどんが入った丼ぶり
丼ぶりに入った色白で太めの麺! この麺に合うスープは豚骨かな、味噌かな……って、これうどんやんか、おばあ! 

とはいえ、うどんも体が温まる僕の好物だし、この前『サッポロ一番みそラーメン』つくってくれたばかりだし……うどんはむしろ最高!!

おばあは冷蔵庫からたまごを取り出し、つゆの入った鍋……ではなく――
祖母(おばあ)が手で、うどんの上に生卵を割って入れているところ
丼ぶりに直接割り入れる。これ、月見うどんや!……と思ったら、なんと具材の多いこと! 汁はおばあが先に食べたあとだからか、かなり少なめで――
うどんの入った丼ぶりにダシをお玉ですくってかけているところ
お玉ですくいづらそう。具材はちくわと油揚げがてんこ盛り。そこへ、大きめのざく切りネギをドサッとのせれば――
祖母(おばあ)が作った月見うどん
おばあ特製、月見うどんの完成だ! 『月』はほとんど見えないけど、具だくさんなのがうれしい!

メニュー
・月見うどん
 具:生たまご、ちくわ、油揚げ、ネギ
・塩焼きの魚(大きなアジ?)
・野菜
 生ピーマン、茹でほうれん草、にんじん、ブロッコリー
・納豆

イスに座った祖母(おばあ)とテーブルに並んだ晩ごはん
うどんをすすると、しっかりとしたコシは……ほとんどない。スーパーでよく見る袋入りの茹で麺らしい。だけどその柔らかいうどんに、煮詰まった甘めのつゆがからんで、こんなうどんもたまらない!

甘いお揚げと弾力あるちくわ、大ぶりのネギという個性的な面々を、ちょっと押しの弱い柔らかなうどんが、ひとつにまとめてくれる。繊細で高級な味とはまたちがう、おばあらしいダイナミックなおいしさが丼ぶりに詰まっている!

生たまごは一気に食べず、早めにつぶして、うどんと具材を一緒にからめてすすり込むと……もう、絶品! 汁少なめで具だくさんのうどんのおいしさを、こってりとした生たまごが引き立てている。

それにしても、おかずには――
皿に乗った大きなアジの塩焼き
アジらしき大きな焼き魚や、
パック入りの納豆を混ぜたもの
納豆もあるし、そういえば台所にはお茶碗も出してあった。

「もしかして……ごはんも食べろってこと?」
とおばあに聞いてみると、
「そうや、ごはんくらい自分で入れてこいや!」
おばあは当然のことのように答える。

さすがに、これだけあれば大満足やで、おばあ! って、何だか少し前にも、こんなやりとりした気がする……。そして気がつくと、さっきまで冷えていた体は汗がにじむほど温まっていた。

タイトルとURLをコピーしました