女子会帰りのおばあが作るマルちゃん正麺(芳醇こく醤油)

僕が晩ごはんを食べにやってくると、おばあが待ち構えていたようにイスから立ち上がった。そしてまっすぐ台所に向かって行く。すり足だけど上半身にブレがなく、どういうわけか剣の達人みたいな凄みがある。

おばあの気迫に圧倒されつつ後を追うと、ガスコンロにはお湯がぐらぐら沸き立つ片手鍋が!?

沸騰した湯が入った片手鍋の取っ手を掴む祖母(おばあ)の手

その取っ手をつかみ、おばあがお湯を注ぐのは――

マルちゃん正麺 芳醇こく醤油のカップ

カップのマルちゃん正麺!

カップのマルちゃん正麺にお湯を注ぐ祖母(おばあ)
今晩は久しぶりのカップラーメンだ! ちょうど寒くなってきた今の時期にラーメン! しかもマルちゃん正麺とは……完璧なチョイスやで、おばあ!

それにしても、お湯を注ぐくらい僕にさせて、自分は座ってくつろいでいたらいいのに!? それどころか、おばあの動作には有無をいわせない気迫が感じられる。カップラーメンのときですら“料理は人にはまかせられへん”というプライドが、そうさせるのか!? 

「待つのは、5分やで」
それだけ告げて席に戻っていくおばあの背中が、何だか頼もしい。たしかに僕がお湯を注ぐより、おいしいラーメンになった気がする。
お湯を注いだカップのマルちゃん正麺

僕がマルちゃん正麺のカップを持って席に戻ると、テーブルには――

祖母(おばあ)が女子会で食べた弁当

華やかな彩りの弁当が!

メニュー
・マルちゃん正麺
カップ 芳醇こく醤油
・女子会の弁当
・生ピーマンと茹でほうれん草

おばあは今日、近所の80代同士が昼から集まって楽しく飲み食いする『女子会』に参加していたらしい。そのときみんなで食べる弁当を、毎回僕のぶんまで持って帰ってきてくれる。

祖母(おばあ)が好きな女子会弁当

今日の女子会弁当は、色合いも食材も秋を感じられる“ちょっといいやつ”だ。この弁当だけでも充分すぎるくらいなのに、マルちゃん正麺や――

皿に盛られた生ピーマンと茹でほうれん草

いつもの生ピーマンと茹でほうれん草まであるなんて! おばあは女子会で楽しんできた日も、必ず一品は手づくりのおかずを用意し、栄養バランスまで気づかってくれている! そうか、台所でみなぎっていたあの気迫の源は、おばあの優しさか!

タイトルとURLをコピーしました